大腸菌の働きや食事内容は、アトピーのかゆみの発生に影響する

998ff8b71c9bcac209d07eea13d5b917_s

大腸の中には、大腸菌という菌が存在します。基本的には、大腸菌は、私たちの体にとって悪い働きをする悪玉菌に分類されています。

しかし、食事などで日常的に体内に摂り入れているものによって、大腸菌の働きが変わるといわれているのです。

大腸菌の働きの変化

大腸菌の働きは、日常的な食事の内容が野菜メインであるか、肉・魚・卵などの動物性食品ばかりであるかによって変わってくるという意見があります。

日常的な食事の内容が野菜メインであった場合、腸の中に送り出される消化酵素によって炭水化物は分解できるものの、野菜などの食材に含まれる食物繊維を分解することができません。

分解されなかった食物繊維は、そのまま大腸へと送り込まれます。大腸の中にたどり着いた食物繊維は、大腸菌の働きによって分解されます。それによって、食物繊維が私たちの体内で利用できるエネルギーに変換されるのです。

このとき食物繊維は、酪酸や酢酸などの物質に変化します。これらの物質は、大腸が行う蠕動(ぜんどう)運動のエネルギーとして使われます。腸が蠕動運動を行うことで、大腸の中にある老廃物が排泄されます。このことは、便秘の改善につながります。

野菜メインの食事を日常的に摂ることで、大腸菌は上記のように私たちの体にとって役に立つ働きをするのです。しかしその一方で、大腸菌が体にとって悪い働きを行うことがあります。

それは、日常的な食事の内容が肉・魚・卵などの動物性食品ばかりであった場合です。大腸の中に存在する大腸菌を含むさまざまな悪玉菌が、動物性食品をエサにしてアンモニア・硫化水素・インドール・発がん性物質などの有害物質を生成します。

このとき、大腸の中に存在する善玉菌が少なく、善玉菌によって生成される酪酸などの物質が大腸内にほとんど存在しない場合、大腸の中に存在する便は中性に傾いていきます。

すると、さらに他の悪玉菌などが、大腸の中で増殖を行えるような環境になってしまいます。これにより、大腸が行う蠕動運動などの動きがストップします。その結果、便秘が悪化してしまいます。

また、大腸の中に存在する悪玉菌からは、内毒素(エンドトキシン)という有害物質が放出されます。分泌された内毒素は、大腸から吸収されます。そうした内毒素が皮膚に分泌された場合、アトピーのかゆみがよりひどくなってしまいます。

このことから、肉・魚・卵などの動物性食品ばかりに偏食してしまうのは、避けた方が良いといえます。

食生活を見直し、アトピーの悪化を回避する

もし、普段から肉や魚などの動物性食品ばかり食べていて、その一方で野菜や海藻などの植物性食品をほとんど食べていない場合、アトピー症状の悪化を招いてしまいます。そのときは、今すぐ食生活を改善させましょう。

まずは、コンニャクやヒジキのように、食物繊維が多いとされる植物性食品を多く摂るようにしていきます。そして、どれか1種類に偏らないように、さまざまな植物性食品を摂るようにするのです。こうすることで、それぞれの植物性食品に含まれる、ビタミンなどさまざまな栄養素を補うことができます。

アトピーの症状に関しては、かゆみを感じたときにその場所を掻くのはやめましょう。なるべく早めに、アトピー専用の薬剤(ステロイドなど)を塗ったり、保湿したりします。

ステロイドなどのアトピーの薬剤を処方されたとき、基本的には1日2回と塗る回数が設定されます。ただ、症状がひどい場合には、この回数に関係なく、しっかりと薬剤を塗ることも大切です。

薬剤を塗るときには、塗る場所をなるべくきれいに洗ってください。そうしないと、薬剤が皮膚に浸透せず、薬の効き目が弱くなってしまうからです。そのため、薬剤を塗る際には、きれいに洗うことをぜひとも心がけてみてください。

偏った食生活によって、腸内環境と皮膚環境が悪化してしまった場合には、以上のように食事の内容を改善させ、アトピーの治療を速やかに行うことが大切です。ぜひ参考にしていただければと思います。