アトピー患者にとって不利益となる善玉菌:フェーカリス菌

b9edbe432093f31631946b755d24852c_s

私たちの体の中には、有益な働きをする菌が数多く存在します。それらの菌をまとめて善玉菌と呼びます。善玉菌にあてはまる菌の1種に、フェーカリス菌という菌が存在します。フェーカリス菌は、私たちの腸に存在する善玉菌です。

また、フェーカリス菌は乳酸菌の1種でもあり、乳酸を作る働きがあります。腸に存在するフェーカリス菌が乳酸をつくることにより、腸の内部は弱酸性に向かっていきます。その結果、腸の中に存在する大腸菌などの悪玉菌(人体にとって悪い働きをする菌)が死滅し、その数を減少させることができるのです。

このような情報だけを見ると、フェーカリス菌は人体にとって有益な善玉菌だと思うかもしれません。しかし、このような人体に有益な働きの一方で、フェーカリス菌は、アトピー患者にとって不利益となる働きを行うといわれています。

フェーカリス菌が行う、アトピー患者に不利益な働きとは

フェーカリス菌は、乳酸をつくる働きをする一方で、ビタミンB群に属するビオチンという物質を食べてしまう働きがあります。

ビオチンは、皮膚のビタミンと呼ばれるほど、私たちの皮膚にとって重要な栄養素となっています。体内で十分な量のビオチンが供給されていないと、皮膚が膿(う)んだように液体を放出させる状態になったり、皮膚にカビが発生したりするといった異常が起こってしまいます。

また、腸の内部でビオチンをつくる働きをもつ善玉菌として、アシドフィルス菌という菌が存在します。フェーカリス菌は、ビオチンを作ってくれるアシドフィルス菌までも食べてしまいます。

フェーカリス菌によって、ビオチンとアシドフィルス菌が次々に食べられてしまうと、いずれ体内のビオチンが足りない状態になる恐れがあります。そうなれば、ビオチンの不足によって皮膚に異常が起こってしまいます。

それでは、人体にとって不利益な働きをもつフェーカリス菌を減らすには、どのようにすれば良いのでしょうか。

フェーカリス菌を減らすためには

体内のフェーカリス菌を間接的に減らす方法として、フェーカリス菌を含む食品を摂らないようにすることがあげられます。

フェーカリス菌を含む食品には、プロバイオテックスという形で売られている乳酸菌の薬剤や、フェーカリス菌を含むことが記載されているヨーグルトなどがあります。これらの食品を普段の生活に摂り入れている方であれば、それらの食品を中断することで体内のフェーカリス菌の数を、ある程度は少なくすることができるでしょう。

乳酸菌は、乳酸をつくって腸の内部を酸性にし、悪玉菌を死滅させるという極めて重要な働きをしています。

その一方で、乳酸菌に属する菌には、フェーカリス菌のように人体にとって有益となる働きだけでなく、アトピー患者など人によっては不利益になる働きをもつとされるものが存在するのです。

乳酸菌そのものは、私たちが生きていくうえで欠かすことができない存在です。ただし、そのすべてが良いものばかりではありません。特にアトピーで悩んでいる人では、どの乳酸菌なら大丈夫なのかについて、詳しく知っておくことが大切です。