風邪のときの飲み薬(抗生物質)はアトピーの原因になる

a08ae83a1c8a57ee66ec47e9b41e8c2d_s

風邪を引いたとき、多くの人は病院に行きます。そして、病院で診察を受けた後、風邪薬を処方されます。このとき処方される風邪薬なのですが、残念ながら風邪そのものを治す効果はないとされています。風邪薬は、あくまでも症状を軽くする効果しかないというわけです。

また、風邪を引いて病院に行ったときに処方される薬は、細菌を殺すための抗生物質である場合があります。しかし、風邪の時に細菌を殺すための抗生物質を飲んでも、まったく意味がありません。

そもそも、風邪を起こす原因となっているのは、細菌ではなくウイルスです。ウイルスと細菌は別物であり、抗生物質はウイルスに対して効果がありません。そのため、ウイルスが原因である風邪を引いたとき、細菌を殺す抗生物質を飲むのは適切ではないというわけです。

それどころか、風邪を引いたときに病院で処方される抗生物質が原因で、アトピーを起こす恐れがあります。

抗生物質でアトピーが起こる

人が抗生物質を服用した場合、その抗生物質の作用によって、大腸の中にいる善玉菌(体の中で良い働きをする菌)や悪玉菌(体の中で悪い働きをする菌)などの菌が、大幅に減少します。

その後、大腸の中で生き残っていた菌がそれぞれ増殖を始めます。その結果として、大腸の中の菌の勢力図が大きく変わることがあるのです。このとき、大腸の中の環境が悪くなり、場合によってはアトピーを起こしてしまうといわれています。これを、専門用語で菌交代症といいます。

また、抗生物質を服用したときの腸内の環境は、悪い方向に向かうことが多いとされています。そのため、基本的には抗生物質を服用するのは、できるだけ控えた方が良いです。

抗生物質を飲む機会がもともと少ない場合であれば、1回の抗生物質の服用で腸内環境が大きく乱されることは少ないかもしれません。ただ、風邪を治療できない抗生物質を服用して、わざわざ腸内環境を悪化させてしまうのは避けるべきです。

そのため、風邪を引いた場合には、抗生物質を飲むのではなく、違う方法で治療した方が良いです。風邪を治療する最善の方法は、なるべく安静かつ動かないようにして、栄養をしっかりと摂るようにすることです。このような治療法であれば、腸内の環境を悪くする心配がないまま、素早く風邪を治すことができます。

抗生物質の服用でアトピーを起こしてしまったら

もし風邪の治療に処方された抗生物質でアトピーを起こしてしまった場合には、なるべく早いうちにアトピーの治療を始めることが重要です。

アトピーによってかゆみが発生した場合には、すぐにステロイド軟膏(なんこう)などの治療薬を塗ります。これを、かゆみが発生するたびに行うようにします。

かゆみが発生したとき、どうしてもその場所を爪でかきたくなってしまいます。しかし、この行為はなるべく避けた方が良いです。アトピーによってかゆみが発生した場所を爪でかいてしまうと、その場所の皮膚が傷つけられ、さらにひどい状態になるからです。

そのため、かゆくなったらすぐに薬を塗りましょう。このように徹底していくことで、使用している薬が自分に適しているものであれば、症状は比較的早く軽くなっていきます。また、保湿など適切な対処を施すことも重要です。

アトピーの症状が軽くなっていけば、薬に頼る機会も減ってきます。そして、アトピーによって荒れ果てた肌は、次第に元の正常な状態に近づいていくのです。

ここまで述べてきた通り、風邪を引いた場合には、抗生物質に頼らないように治療できないかを考え、その治療法を実行してみてください。そして、抗生物質によってアトピーを起こしてしまった場合には、なるべく早めにアトピーの治療を開始し、なおかつ根気よく治療にあたるようにしてください。