天然ゴム製品のラテックスによるアレルギーとアトピーとの関係

65bdaefb75fee6b9bf0a6bdf9b3a564f_s

天然ゴム製品とは、天然ゴムを使用してつくられた商品のことです。天然ゴム製品には、医療用ゴム手袋(天然ゴム製手袋)、輪ゴム、絆創膏(ばんそうこう)などがあります。

天然ゴムは、「ラテックス」を原料としてつくられます。ラテックスは、ゴムの樹から採れる白い液体です。そしてラテックスには、タンパク質(ラテックスタンパク質)が含まれています。

このラテックスタンパク質によって、アレルギーを発症する恐れがあります。これをラテックスアレルギーといいます。普段、天然ゴム製品に触れる機会が多く、さらにアトピー患者である場合、ラテックスアレルギーをとくに起こしやすいです。これは、アトピー患者の皮膚が、そうでない人に比べて崩れているためです。

ラテックスアレルギーの症状と、起こるメカニズム

ラテックスアレルギーでは、以下のような症状が起こります。

・体中の蕁麻疹(じんましん)の発生
・水疱(すいほう)
・血圧の降下
・腹痛
・湿疹
・皮膚が赤く染まる
・喘息
・呼吸停止(症状が悪い場合)

また、ラテックスアレルギーは天然ゴム製の手袋によって起こるケースが多いです。これには、天然ゴム製手袋がもつ特徴が関係しています。

天然ゴム製手袋は皮膚にぴったりと密着し、天然ゴム製手袋をはめている間、手から汗が出てきます。このとき、かいた手汗によって、天根ゴム製手袋に含まれるラテックスタンパク質が溶け出していきます。

また、天然ゴム製手袋には、滑りを良くするための粉がかけられています。このとき使われる粉は、鉱物であるタルク・雲母(うんも)などの粉末です。これらの鉱物の粉が皮膚で擦れると、皮膚が傷つきます。

そして、鉱物の粉によって皮膚に付けられた傷口を通して、ラテックスタンパク質が体内に侵入します。そして、体に入り込んだラテックスタンパク質に対して、体の免疫系が反応します。すると、それ以降はラテックスが含まれる製品に触れるたびにアレルギー反応が起こり、ラテックスアレルギーの症状が表れるようになります。

ラテックスアレルギーの症状は、一部の食品でも表れる

ラテックスアレルギーを起こすと、場合によっては、バナナ・アボカド・キウイフルーツなどを食べた際にも、ラテックスアレルギーの症状が発生します。これには、バナナ・アボカド・キウイフルーツなどのタンパク質がもつ特徴が関係しています。

バナナ・アボカド・キウイフルーツなどがもつタンパク質は、ラテックスタンパク質と構造が似ています。

そのため、こうした果物を食べるなどして、これらのタンパク質が体内に入った場合、体はラテックスタンパク質が体内に侵入したと勘違いします。その結果、ラテックスアレルギーの症状が起こります。

この場合、ラテックスを原料とする天然ゴム製品に触れていなくても、ラテックスアレルギーが起こります。つまり、ラテックスタンパク質に似た物質をもつ食品を食べたことがきっかけとなって、ラテックスアレルギーの症状が起こってしまうのです。

そのため、ラテックスアレルギー患者の場合、ラテックスタンパク質に似た構造のタンパク質をもつ食品は、食べないようにしなければなりません。

ラテックスアレルギーに対する対処法

すでに述べたとおり、ラテックスアレルギーは、ラテックスを原料とする「天然ゴム製品」が皮膚に接触することで引き起こされます。そのため、天然ゴム製品には、なるべく触らないようにする必要があります。

また、アトピー患者の場合、そうでない人に比べてラテックスアレルギーを起こしやすいです。そのため、特に天然ゴム製品の接触に注意することが大切です。

その一方で、ラテックスアレルギーを起こした場合には、天然ゴム製品に接触しないだけでなく、バナナやアボカドなどの、ラテックスタンパク質に類似する物質が含まれる食品も食べないようにします。これにより、バナナなどを食べたときに表れるラテックスアレルギーの症状を避けることができます。

以上のような努力を続けることで、ラテックスアレルギーの予防・改善を行ってみてください。また、天然ゴム製品に触れる機会が多い場合には、ラテックスアレルギーに十分に注意してください。