アトピーに対するNS乳酸菌の有効性

9fc907d9353c5d535bd177880d3530e9_s

私たちの腸の中には、さまざまな菌が存在しています。それらの菌のうち、体に役立つ働きをする菌のことを「善玉菌」といいます。その反対に、体にとって害になる働きをする菌のことを「悪玉菌」といいます。

腸の中に善玉菌が多く存在していれば、腸内環境が良くなります。そして、便秘や下痢などを起こしにくくなります。

逆に、腸内に大量の悪玉菌が存在している場合、腸内環境が悪化します。それにより、便秘や下痢などを起こしやすくなります。

腸内の悪玉菌が多いと、アトピーが悪化する

アトピー患者の皮膚に必要な栄養素として、「ビオチン(ビタミンB7)」があります。ビオチンは、皮膚をつくるための材料になります。そしてビオチンは、悪玉菌のエサになってしまうものです。

腸の中に悪玉菌がたくさん存在するほど、その分だけ大量のビオチンが悪玉菌に奪われてしまいます。その結果、皮膚の状態が悪くなり、アトピーを悪化させてしまいます。ビオチンは皮膚の健康にとって重要ですが、悪玉菌によってその量が減少してしまうからです。

なるべく早く皮膚の状態を良くしてアトピーを改善するには、腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌が腸の中に数多く存在する状態にすることが重要です。

腸内の多くの菌が善玉菌で満たされた状態にもっていく方法として、「体にとって良い影響を与える菌を体内に摂り入れる」ことがあげられます。そして、体にとって良い影響を与える菌のことを、「プロバイオティクス」といいます。

プロバイオティクスにあてはまる菌の例としては、乳酸菌やビフィズス菌があげられます。プロバイオティクスを体に摂り入れていくことで、腸の中の悪玉菌が減り、腸内環境が良くなります。それにより、以前に比べて皮膚の状態が良くなり、アトピーの改善を期待できます。

NS乳酸菌で、体内にプロバイオティクスを摂り入れる

プロバイオティクスにあてはまる菌を含む食材として、ヨーグルトがあります。しかし、ヨーグルトを摂り続けていたとしても、その効果は低く、皮膚やアトピーの改善にまで至らないとされています。

プロバイオティクスを摂り入れるのに、より効果的な方法として、カプセルに含まれたプロバイオティクスを飲むことがあげられます。そして、カプセルに入った状態のプロバイオティクスには、「NS乳酸菌」と呼ばれるものがあります。

NS乳酸菌は、モンゴルで採れたネギを使った漬物から得られる菌です。ちなみに、牛乳にはNS乳酸菌が含まれていません。

NS乳酸菌のカプセルは、腸の中に常に存在している菌(常在菌)との共生を考えて作られています。NS乳酸菌を用いた研究では、豚にNS乳酸菌を含んだエサを食べさせ続けたところ、その豚の飼育場が臭くなくなり、豚の生存率が高くなったとの報告があります。そのため、NS乳酸菌は人の腸内でも良い働きをすることが期待できます。

また、市販されているプロバイオティクスの食品で「NS乳酸菌でないもの」を取り続けたとしても、善玉菌の増加はそこまで見られないようです。そのため、プロバイオティクスを含んだ食品を摂る場合には、NS乳酸菌が入った健康食品を選びましょう。

NS乳酸菌入りカプセルを飲む場合の注意点

NS乳酸菌が入った商品を飲んだ場合の腸内環境の改善効果には、個人差があります。これは、腸内細菌の種類や数などが、人それぞれ異なるためです。

そのため、NS乳酸菌が入ったカプセルを飲んでも、すでに腸の中にいる細菌と相性があわなかった場合、思ったような効果を得られない可能性があります。そのような事態を避けるためにも、NS乳酸菌を含むサプリメントを選ぶ場合には、自分に合ったものを試しつつ探すことが重要です。

なお、NS乳酸菌入りのカプセルを飲んだときに、あまり効果を感じなかったとしても、腸内環境が悪くなることはありません。腸内細菌を良いものに変え、皮膚の状態やアトピーを改善したい場合の選択肢として、NS乳酸菌を飲むことを考えてみてください。