アトピー治療で改善しなければ、病院(担当医)を変えるべき

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

アトピーを治療する場合、その方法が正しければ、アトピーの症状は比較的早く改善されます。そして、間違った治療法を受けている場合には、アトピーの症状はほとんどよくなりません。

医者を長いこと受診していて症状が改善されない場合、思い切って主治医を変えてみてください。それだけで、症状が劇的に良くなることがあります。

肌が悪かったころの苦い経験

以下、私の知人の体験談です。

私は、幼い頃から10年以上もアトピーに苦しんできました。アトピーがひどかったころの彼の肌は、真っ赤に腫れており、いたるところに湿疹ができていました。

彼は中学生くらいの頃に、地元の皮膚科の病院に通っていました。そして、その時の担当医の方から出される塗り薬を使い、たまに出される飲み薬を飲むようにしていました。

ただ残念なことに、かれこれ数年間、当時の担当医の指示に従って正しく薬を使っていたにもかかわらず、彼の肌はあまりよくはなりませんでした。どれだけまじめに治療に取り組んでも、肌は真っ赤に腫れたままであり、湿疹もほとんど消えなかったのです。

医者を変えるだけで症状が変わる

このようなこともあり、彼は思い切って、地元で評判の良かった別の病院に変えることにしました。そして、その病院のお医者さんの指示に従い、そのお医者さんから出された薬を、指示されたとおりに使用するようにしたのです。

すると、以前の治療ではほとんど改善しなかった彼の肌の症状が、自分でもおどろくほどの速さで回復していったのです。彼が肌の状態について相談する際には、現在でもその病院に相談に行っているそうです。

彼自身のこのような経験から、アトピーの治療でなかなか成果が出ない場合には、すぐに担当医を変えることを強くおすすめします。

アトピーの治療法は、担当医で大きく異なる

お医者さんによって、どんな治療が得意なのかに違いがあります。また、どの治療効果に自信をもっているのかも異なります。

彼が最初に通っていた皮膚科の担当医の方の場合、症状がほとんど改善していないにもかかわらず、出す薬は決まって同じものでした。

また、アトピーに効くというやや割高のボディーソープも紹介されました。しかし残念ながら、このボディーソープをしばらく使っていたにもかかわらず、アトピーの症状は軽くなりませんでした。

そのため、以前使っていた安価なボディーソープに戻しましたが、特にそれが原因で症状が悪化することはありませんでした。

一方、彼が二番目に通うようになった皮膚科の担当医の場合、彼は最初の皮膚科で出されていた薬とは異なる薬を処方されました。そして、その薬を塗っていくうちに、驚くほど症状が軽くなりました。

今までとは見違えるほど良くなった自分の肌を見て、気分が晴れやかになったことを今でも覚えているそうです。そして、できれば「最初から二番目の皮膚科の治療を受ければよかった」と今でも強く思っているそうです。

もしかしたら、最初の病院にかかっていた患者さんのなかにも、アトピーが見違えるほどよくなった患者さんがいたのかもしれません。しかし、彼のように症状がほとんど改善されなかった人がいることも事実です。

そのため、アトピーの治療を受けて症状が良くならなかった場合には、思い切って担当医を変える勇気も必要なのではないかと思います。

アトピーの治療に用いられる薬剤には、ステロイドの塗り薬や抗アレルギー剤など、いろいろなものがあります。そして、それらの薬剤の中でどれが自分の体に合うものなのかは、人によって異なります。さらに、お医者さんによって、どの薬剤に思い入れがあるのかも違うのです。

彼は病院を変えることによって、自分に合ったアトピーの治療法を運良く受けることができました。このように、自分に合った治療法を突き止めるためには、自分自身で環境を変える必要があるのです。長年アトピーの症状に苦しんでいるのであれば、ぜひとも病院を変えることを考えてみてください。