歯の詰め物(アマルガム、パラジウム合金)でアトピーを発症する

f463a335de047a70b56f526da6b1451a_s

多くの人は、むし歯ができたときに歯医者に行きます。そして、歯科医にむし歯を治療してもらいます。

実は、むし歯の治療内容によっては、アトピーを起こしてしまうことがあります。それには、むし歯を削った後で、歯の穴に詰める金属が関係しています。

歯の穴に詰めるアマルガム(歯科用水銀アマルガム)とは

むし歯の治療法として、「歯の虫歯に侵された部分を削ること」があげられます。そして、歯を削った後で、削った部分を補う目的で、治療中の歯に「詰め物」が入れられます。

このとき、歯の詰め物として使われる金属の1つに、「アマルガム(歯科用水銀アマルガム)」があります。アマルガムが歯の詰め物として使われた場合、アマルガムの性質によって、アトピーなどの病気が引き起こされる恐れがあります。それではなぜ、アマルガムが体にとって悪い働きをもたらすのでしょうか。

アマルガムを構成する成分としては、水銀・亜鉛・スズ・銀があげられます。そして、アマルガムの成分の約半分は、水銀によって占められています。

そして、歯の詰め物として使われているアマルガムは、さまざまな理由で劣化・腐食します。

たとえば、熱いお茶やスープなどを飲んだとき、歯に詰められたアマルガムが溶け出します。また、私たちの口から出る唾液(だえき)によって、アマルガムの腐食が起こります。さらに、酢・野菜・果物などに含まれる酸によって、アマルガムに化学反応が生じる場合もあります。

口の中でアマルガムが劣化することで、そこから水銀の蒸気や粒子が放出されます。すると、それらが知らない間に体内に浸透していきます。そして、脳や肝臓などの臓器に、水銀の粒子が次第に溜め込まれていきます。その結果、アトピーなどの病気を発症してしまいます。

そのため、アトピー患者のなかには、歯の詰め物として使用したアマルガムが原因で、アトピーを発症した可能性があります。

現在では、歯の詰め物としてアマルガムが使われるケースは、減りつつあります。しかし、アマルガムが完全に使われなくなったわけではありません。自分の身を守るためにも、アマルガムの危険性はを知っておくべきです。

パラジウム合金による体への被害

アマルガムのほかに、歯の詰め物として問題を起こしうるものこす可能性があるものとして、「パラジウム合金」があります。このパラジウム合金を構成するものとしては、パラジウム・金・銀・銅・その他の物質があげられます。

パラジウム合金に含まれるそれぞれの物質の含有率は、以下のようになっています。

・パラジウム:約20%
・金:約12%
・銀:約52%
・銅:約15%
・その他の物質:約1%

また、パラジウム合金によっては、経費削減のために、金を含めないものが使われます。その場合のパラジウム合金では、金を含めない代わりに、銀の含有率が約70%まで増やされています。

パラジウム合金も、アマルガムと同じように、劣化・腐食していきます。そして、体内の一部に蓄積し、体に害を与える恐れがあります。

アマルガムやパラジウム合金によるアトピーの対処法

むし歯治療した後に、アトピーに悩まされるようになった人の場合、そのアトピーの症状は、アマルガムやパラジウム合金によるものの可能性があります。

その場合、専門医に依頼して、これらの歯の詰め物を取り除くことができれば、アトピーが改善に向かう可能性があります。

しかし、アトピーの多くは、さまざまな原因や要因が積み重なって起こります。そのため、アマルガムやパラジウム合金を取り除いたからといって、すぐにアトピーが治ってしまうとは限らないのです。

アトピーの改善で重要なのは、肌の保湿などの「皮膚のケア」や、「植物油を控える」といった「食事内容の改善」です。アトピーを治したいのであれば、これらの努力を続けていくことが必要になります。