亜鉛不足によるアトピーのかゆみ悪化と亜鉛の補給方法

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

アトピーに大きく関係する栄養素として、亜鉛があります。もし体内の亜鉛が不足してしまうと、その欠乏症として抜け毛や皮膚炎、湿疹などが起こります。このことは、実際の研究によって確認されています。

ドイツの科学者が、哺乳類の動物に「亜鉛が含まれないエサを与える」という研究を行いました。すると、その動物に皮膚炎が生じました。今度は、その動物に亜鉛を含んだエサを与えるようにすると、動物に起こっていた皮膚炎が回復しました。

このように、動物にとって亜鉛は大きな役割を担っています。これは人間でも同様であり、亜鉛を摂り入れることは非常に重要です。

亜鉛の重要な役割とは

私たちの体内では、細胞分裂という現象が起こっています。そして亜鉛は、細胞分裂に必要な酵素として作用します。これにより、古くなった細胞が新しい細胞へとつくり変えられます。この他にも、亜鉛によって炎症や皮膚の老化を防ぐことができます。また亜鉛は、活性酸素を除去する酵素をつくるための材料となっています。

このように亜鉛は、私たちの体にとって大変重要な役割を果たしています。そしてアトピー患者の場合、亜鉛はアトピーのかゆみを抑えるのに必要な栄養素でもあります。それでは、亜鉛をしっかりと補給するためには、どのようにすればよいのでしょうか。

亜鉛を補給する方法

亜鉛を補給する最も基本的な手法として、亜鉛を含む食材を摂る方法があげられます。この場合、亜鉛を多く含む食材を把握し、普段の食事に摂り入れる必要があります。

亜鉛を多く含む食材としては、牡蠣(かき)・ホヤ・カニなどの魚介類、牛肉や豚肉などの肉類、卵、ゴマ、松の実などがあげられます。これらの食材を普段の食事に摂り入れることで、亜鉛を補給することができます。

こうした食材の中で特におすすめなのは、ゴマから亜鉛を補給する方法です。ゴマは、さまざまな調理に使うことができる食材です。そして、場合によっては料理に使わずにそのまま摂ることもできます。料理が苦手な方であっても、ご飯のふりかけとしてゴマをかけるなどして、簡単に亜鉛の補給ができるわけです。

しかし、亜鉛をたくさん含む食材の多くは、アレルギーの原因となるものでもあります。そのため、亜鉛を含む食材から亜鉛を補給する場合には、自分がどの食材にアレルギーがあるのかを知っておき、自分に合う材料を見つけておく必要があります。

また、亜鉛を含む食材を摂る方法以外にも、亜鉛を補給する方法があります。それは、亜鉛のサプリメントなどの健康食品を活用して亜鉛を補うことです。しかしこの方法には、ある注意点があります。それは、亜鉛のサプリメントを使ったとき、人によっては急性の中毒症状が起こってしまうことです。

このことから、亜鉛のサプリメントを使って補給する場合には、実際にサプリメントを活用する前に、亜鉛のサプリメントの情報を詳しく知り、自分の体にとって安全かどうかを確認する必要があります。

以上のように、亜鉛を補給する方法には、いくつかの注意点があります。亜鉛を十分に摂取することは、人によっては重篤な状態に陥る場合もあるのです。しかし、冒頭で述べたように、亜鉛は私たちの体で起こる細胞分裂や、アトピーの悪化防止などに不可欠な栄養素です。

そのため、亜鉛を補給することの重要性をまずは知っておくことが重要です。その上で、亜鉛の補給の方法について、それぞれの注意点を把握しておきましょう。そして、自分自身に合った亜鉛の補給方法を、ぜひとも見つけてください。もし、自分に合った亜鉛の補給方法が見つかった場合には、それを習慣化して亜鉛不足を起こさないようにしましょう。