便秘は大腸がんのリスクを上げる可能性がある

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s

便秘は、年々悩まされる人が増えている症状のひとつです。厚生労働省による調査では、日本で便秘に悩む人は660万人おり、その他の隠している人や自覚のない人を含めると1000万人を超すことが推測されています。

10代後半から30代前半と比較的若い年代に多く、この年代では約半数が便秘であることを自覚しているといわれています。また、便秘は男性よりも女性に多い傾向にあります。

このような便秘ですが、実は「何日排便がないと便秘である」というような明確な定義がありません。専門医の間では「2~3日に1回排便があり、その他の症状がない」という場合は、便秘ではないと認識されています。そこで今回は、便秘の症状と便秘によって引き起こされる害について解説します。

毎日排便があっても便秘の可能性がある

一般的な認識では、毎日排便があると便秘ではないような印象を受けるかと思います。しかし、毎日排便があっても、「ガスが出ない」「お腹が張っている」などの症状があれば、腸内環境は悪化していることが推測されます。

便秘と腸内環境は密接に関係しています。腸内環境が悪いと便秘になりますし、便秘になると腸内環境は悪化します。

そのため、現在は便が出ていても、場合によっては便秘になる可能性が高いということです。このように便が毎日出ていても、何かしらの症状があるという人がとても多くなっています。このような人々は、腸の動きが悪かったり、動きがほとんど止まっていたりするようなケースが多いです。

さらにこのような場合では、腹部の不快感だけでなく、大腸にたまったガスが胃を圧迫し、逆流性食道炎などの胃の病気を起こしてしまう可能性が高くなります。

このような状態は、誰にでも起こ る可能性があります。そのため、その症状を軽視する人がほとんどで、もし重度化しても、多くの人は下剤を使って出すなどの一時的な方法しか行いません。しかし、便秘は体にとってとても危険なことだということを認識しておく必要があります。

便秘は大腸がんのリスクを高める

排便の大切な役割は、便を出すことによって老廃物を排出することです。

食べ物を中心に、体に入ってくる有害物質や体内で作られる毒素の多くは、老廃物となって大腸に行き着きます。老廃物には「食品添加物や汚染物質などの体外から侵入するもの」と 「体の中で生じるもの」があります。

このような老廃物は、通常、便と一緒に排泄されます。そのため、便秘になると老廃物が排出できず、体内に溜まってしまうようになります。

体内に老廃物質がたまると、血流 や代謝の悪化などが起こります。このようなことから、腹部痛などの症状が起こります。また、胃腸の症状だけでなく、むくみや冷え、肌荒れ、体臭などの全身の症状につながる可能性もあります。

さらに、実は便秘を放っておくと大腸がんのリスクが高まる可能性があるのです。日本人の死因のトップは「がん」です。そして、以前と比較して増えてきているのが大腸がんなのです。

大腸がんの原因としては、脂肪や乳製品などの過剰摂取や運動不足などが指摘されています。便秘との関係は明らかになっていませんが、大腸がんができやすい場所が、便がたまる「S状結腸」や「直腸」に非常に多いことから、密接な関係があることが疑われています。

また、胆のうから分泌される「胆汁酸」は、大腸がんのリスクを上げることがわかっています。そして、便秘になると胆汁酸の濃度が濃くなることも明らかになっており、このようなことからも便秘と大腸がんの関係性が疑われています。

以上のように、便秘は軽視されがちですが、大腸がんという命に関わる病気のリスクを上げる可能性があります。

そのため、毎日便が出ていても、「腹部の張り感」や「ガスがでない」などの症状がある人は注意する必要があります。このような初期症状から対処し、早めに解決することが結果的に大腸がんのリスクまで下げることになるのです。