脇のニオイを解消する方法:汗臭さの原因と対処法

74689d2f349c74180824eec0c1fac956_s

脇は、体臭の中でも多くの人が気にする場所です。実際、そのような脇のニオイに対する商品がたくさん発売されています。そして、脇のニオイが強くなると、ほとんどの人は「ワキガ」だと思います。

しかし、脇のニオイが強くなる原因は、ワキガだけではありません。脇から発生する体臭には「汗臭さ」と「ワキガ」の2つがあります。またこの2つは、それぞれ対処法が全く異なります。

そのため、この2つの違いを理解し適切な対処方法を知っておくことは大切です。間違った認識をしていると、逆にニオイを強くする可能性もあります。そこで今回は汗臭さの原因と対処法について述べます。

汗臭さの原因

ワキガと汗臭さは原因が違います。ワキガは遺伝的な要因が大きいとされていますが、汗臭さは誰にでも起こりえるものです。

まず、汗を出す汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」と呼ばれる2つがあります。エクリン腺は全身に分布しており、成分のほとんどが水であるため、ニオイの原因にはなりません。

一方、アポクリン腺は、脇や肛門周囲、乳輪周囲、へそ周りなど、特定の領域に存在し、成分に脂質やタンパク質、アンモニアなどを含みます。

アポクリン腺から分泌される汗は、それ自体ではニオイの原因になりません。しかし、アポクリン腺に含まれる成分は、汗腺の周囲に存在する細菌のエサになります。細菌が脂質やタンパク質といったものを食べて分解するときに、腐敗臭が発生します。

脇の下はアポクリン腺の分布が多いため、誰でもニオイが起こりやすい場所と言えます。そのような中でも、ワキガは遺伝的にアポクリン腺が過剰にある人に起こります。

ワキガではなくても脇の下が臭くなるのは、ただの汗臭さです。脇の下は、アポクリン腺分布が多いだけでなく、毛がたくさん生えています。毛はニオイを絡み取る性質があるため、脇毛には汗のニオイが残りやすくなっています。

また、脇の下は、腕と体、洋服に覆われており、高温多湿になります。細菌は湿度の高い環境で繁殖するため、細菌の数が多くなり、ニオイを発生しやすくなります。

さらに高温多湿で汗が蒸発しにくいと、汗に含まれるアンモニアなどのニオイ成分が凝縮されます。このような理由から、ワキガの人ようにアポクリン腺の分布が過剰でなくても、脇の下は汗臭くなりやすいといえます。ワキガの場合と違い、汗臭さであれば、簡単に自分自身で対処できます。

汗臭さの対処法

汗臭さの原因は、脇下の環境にあります。そのため脇下の環境を整えておけば、汗臭さを軽減することができます。そのための方法としては「入浴中の工夫」と「日常の工夫」の2つがあります。

・入浴中の工夫

脇下を洗うときのポイントは、細菌の増殖を増やさないようにすることです。細菌は、皮脂腺から分泌される皮脂や、ボディーソープなどの残りカスを好んで食べます。そのため、皮脂の分泌を促さないことと、きれいに洗い流すことがポイントです。

ニオイが強い人は、臭い部分を強く擦る傾向にあります。しかし、これはニオイにとっては逆効果です。

肌を強く擦ると、肌上の脂が過剰に洗い流されます。そうすると、体は皮脂腺からの皮脂の分泌を多くすることで脂を補おうとします。つまり、刺激を与えすぎると、逆に皮脂の量が増えてしまいます。

そのため、体を洗う際は手を使って優しく洗うことが大切です。さらに、ボディーソープではなく、石けんを使用し、洗った後にしっかり流すようにしてください。

・日常の工夫

日常生活ではデオドラント製品を利用することが手軽です。デオドラント商品には、さまざまな種類のものがあります。一般的に売られているのは、制汗作用と消臭作用、殺菌作用をバランスよく組み合わせたものです。その中でも、スプレータイプと直接塗るペーストタイプがあります。この2つは使い分けが必要です。

脇毛の処理をしていない人は、スプレータイプだと、毛に邪魔されてデオドラントに含まれている成分が皮膚に行き渡りにくくなります。そのため、そのような場合は、ペーストタイプを使用することをお勧めします。

このように使い方次第では、デオドラント商品は汗臭さを抑えるために有効です。しかし、デオドラント製品にはデメリットもあるため、そのことも知っておいてください。

今回述べたように、脇下のニオイには、汗臭さとワキガの2つの原因があります。そして、それぞれ原因が異なるため解決方法も違います。脇下のニオイを解消するためには、そのことを理解した上で、正しい対処を行うことが大切です。