足のニオイの原因と対処法

244cb51d2b2c4d5b805becb227905e3a_s

足のニオイは、小学生などの若い子供から高齢者まで、多くの人が悩んでいるものです。特に人の家に上がるときなど、足のニオイを気にしている人にとっては、意識する場面です。

そのような足のニオイですが、原因を知り、適切な対処を行うことで、問題を解消することができます。そこで今回は、足のニオイを引き起こす原因と、その対処法について解説します。

足のニオイの原因

足は脇や頭皮などと同様に、多くの人がニオイを気にする場所の1つです。特に運動後や仕事などで歩き回った後は、ニオイが強くなっている人が少なくないはずです。

そのような足におけるニオイの原因は「靴の履き方」にあります。実は、足のニオイと思われているもののほとんどが「靴の履き方」によるニオイなのです。意外にも、足自体はニオイを発しにくい場所とされています。

汗を分泌する汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つがあります。エクリン腺は全身に分布しており、成分の99パーセントが水であるためニオイの原因になりにくいとされています。

一方で、アポクリン腺は、脇やへそ、肛門周囲など特定の場所に存在し、脂質やタンパク質、アンモニアなど、ニオイの元となる物質が豊富に含まれています。そのため、アポクリン腺から分泌される汗は、ニオイの原因になりやすいと言われています。

足に分布しているのは、主にエクリン腺です。つまり、足の汗自体ではニオイの原因となりにくいと言えます。しかし、足と手は、体の中でも汗腺が集中して存在している部位です。また緊張したりすると、発汗しやすい場所でもあります。そのため汗の量自体は、とても多いところとされています。

その中でも手は、常に外気にさらされているため蒸れることがありません。一方、足は発汗量が多いにもかかわらず、常に靴下や靴で密封されています。そのため、靴の中は高温多湿の状態になります。

ニオイの元となる細菌は、アポクリン腺から分泌されるような汗が多いと繁殖します。また、靴の中のように高温多湿な状態では細菌の活動が盛んになり、とても増えやすい環境とされています。

そして足のニオイを発生させているのは、「イソ吉草酸」と呼ばれる脂肪です。イソ吉草酸は強いニオイを引き起こし、さらに長く定着するという性質をもつ物質です。

イソ吉草酸の分泌量は、遺伝的に決まっているとされています。また、入浴中にしっかり洗わないとイソ吉草酸は肌に定着します。

以上のことから、足のニオイを解消するためには、湿気をため込まないこと、足の清潔を保ち、イソ吉草酸を肌に定着させないことの2点が大切だと言えます。このことに気をつけると、足のニオイを軽減させることができます。

足のニオイ対策

足のニオイを軽くするためには、「靴の中に湿気をためないこと」「足を清潔に保つこと」が大切です。靴の中に湿気をため込まないようにするためには、以下のような方法があります。

・靴を脱げる時間は脱いでおく
・毎日同じ靴を履かない
・靴を脱いでいる間は、乾燥剤を入れておく
・こまめに靴下を交換する

以上の4点のように「靴の履き方」に注意すると、靴の中に湿気をため込みにくくなります。しかし、それでも、足の肌にイソ吉草酸が定着していると、足のニオイは強くなります。

そして、イソ吉草酸を定着させないためには、日々のケアが重要です。

イソ吉草酸を定着させないためには、足の洗い方がポイントになります。体の中でも、足は注意して洗っている場所だとは思いますが、多くの人が上手く洗えていません。その際のポイントは以下の2つです。

・指の間まで洗う
・爪の間まで洗う

指の間は、丁寧に洗っている人が多いと思います。しかし、爪と皮膚の間は、洗っているつもりでも、汚れを落としきれていない人がほとんどです。

この場所は、一般的に使われるタオルや手では十分に汚れを取ることができません。そのため、足専用の歯ブラシを準備して丁寧に洗う必要があります。歯ブラシを利用することで、細かい汚れまで洗い流すことができます。

今回述べたように、足のニオイは靴の中に原因があります。しかし、足の表面にもニオイを強くする要因はあります。そのため、足のニオイを解消するためには、靴の中と足の両方に対して対策を行うことが大切です。