服から発せられるニオイの原因と解消法:体臭と洗剤・水の選択

639880e5b6385aa869459900465ffe8a_s

体からニオイを発する場合、多くの人は体臭が原因だと考えます。そして、体臭の対策として、体の清潔を保ったり、肌のケアを行ったりします。

しかし、そのように体臭を防ぐ方法を試しても、ニオイが消えない場合があります。それは、服自体にニオイが付いているときです。そして、ニオイを気にしている人のほとんどは、服に原因があります。そこで今回は、服におけるニオイの原因と対処法について解説します。

服におけるニオイの原因

体におけるニオイの原因には、体自身に問題がある体臭と、着ている服から発する服のニオイの2つがあります。そして、ニオイを気にする多くの人は、自分のニオイを体臭だと思っていますが、実際には服のニオイであることが少なくありません。

洗ったばかりの服を着ているのに、なぜか臭いということは誰にでも経験があることではないでしょうか。

このような服のニオイは「モラクセラ菌」という雑菌が原因です。この菌は、衣類における線維の奥に入り込んでいるため、洗濯後も服の中に残っています。そのため、タンスの中にしまっておいても、着ていてもニオイを発し続けます。

モラクセラ菌が発するニオイの特徴は、雑巾のような嫌なニオイです。

特に洗濯が終わった後にすぐに干さなかったり、生乾きのままタンスに入れたりすると、湿気によってモラクセラ菌が繁殖します。また、洗濯機が汚れているのも、雑菌が増える要因の1つです。

このように、さまざまな理由で、服の中に雑菌が残ってしまうために、服からクサいニオイが発せられます。

服におけるニオイの解消法

服のニオイを解消する方法は、基本的に洗濯の仕方を工夫することにあります。その中でも、洗剤の選択と洗う水を適切に選ぶことが大切です。

洗剤の選択

服に付くニオイは人によって違い、また同じ人でもその日の行動によって異なります。そのため、洗濯の仕方を時と場合によって変えることが大切です。

例えば、事務作業などが主であり、外出の機会が少ないような時のシャツは、汗汚れに対するケアが大切です。一方、スポーツなどで激しく動いた時に着ていたユニフォームなどは、汗だけではなく、皮脂の汚れや角質、アカなども洗い落とす必要があります。

一般的に使われている洗濯用合成洗剤は、どのような汚れに対しても効果的です。ただ、洗剤の性質によって使い分けると、より汚れが落ちやすくなります。

弱アルカリ性の洗濯用合成洗剤は、木綿、麻などの生地に適しています。そして、皮脂や油汚れ、アカなども洗い流す力があり、線維の奥に入り込んだ汚れまでキレイにしてくれます。

一方、中性の洗濯用合成洗剤は、ウールやシルクなどの生地を洗うときに適しています。この場合、油汚れには弱く、汗による汚れを落とす程度の場合に有効です。

水の選択

洗濯をする際に、「お湯か水か?」という問題があります。洗濯する服の生地によって異なりますが、基本的に汚れはお湯と混ざることで落ちやすくなります。

汗汚れだけであれば、水でも十分かもしれません。ただ、皮脂の汚れやアカなどの油汚れは、30~40°Cのお湯で洗濯することをお勧めします。この30~40°Cは洗剤の効果を最大限発揮させる温度だと言われています。

このように、洗濯をする際は、洗濯する服の生地によって、洗剤や水の種類を変えるようにしましょう。そうすることで、より効果的にニオイを抑えることができます。

また、よくわからない場合は、洗剤におけるパッケージの裏を確認してみてください。用途や液性などが表示されているため、衣類に合わせた洗剤を選ぶことができるはずです。

今回述べたように、体臭には、体が原因であるニオイだけでなく、服から発せられるニオイもあります。そのような場合は、洗濯の方法を工夫することでニオイを解消できます。体に対するケアを行っても体臭が消えない人は、服のニオイを疑ってみてください。