衣類のニオイの予防:洗濯方法と洋服選び

b08719471ec6ec8ea4225513da6903bf_s

体から発するニオイには、汗や皮脂などから作られる、いわゆる「体臭」と、衣類のニオイの2つがあります。そして、ニオイに悩んでいる人の多くは、衣類が原因であることが少なくありません。

そして体臭と衣類のニオイでは、それぞれ対処法が異なります。そのためニオイの原因がどちらにあるのかということを見極めて、適切な対応をすることが大切です。そこで今回は、衣類が原因で起こるニオイの予防法について述べます。

洗濯方法

衣類のニオイに対する主な対処法は、洗濯方法を工夫することにあります。基本的に服のニオイは、線維の中に入り込んだ雑菌が繁殖することで起こります。そのため、正しい洗濯方法で汚れを落とすことが一番の予防になります。

洗濯において汚れを落とすために大切なことは2つです。それは、衣類の種類にあった洗剤を使うことと、お湯を利用することです。

生地の種類によって、それぞれ適切な洗剤というものがあります。それは、裏のラベルをみると記載されていますので簡単にわかります。例えば中性の洗剤は、油汚れなどに弱いため、ウールやシルクなどのデリケートなものの洗濯に適しています。

このように、洗剤の特徴によって、汚れを落としやすいものがあります。そのため、まずは前提として、洗う衣類にあった洗剤を利用することが大切です。

また、洗濯に使う水の温度も重要になります。水を利用するよりも、30~40°のお湯を使った方が汚れは落ちやすくなります。これは、この温度の方が洗剤と混ざりやすく、洗剤の効果がより高まるためです。

さらに、お湯を使って洗濯を行うと乾燥させる際に水分の蒸発が早くなります。ニオイの元は衣類に付着している雑菌です。雑菌は、高温多湿の環境で繁殖する特徴があります。そのため、より早く乾燥時間が短い方が雑菌の増殖も抑えられるので、ニオイも残りにくくなります。

このように衣類のニオイに対する解消法は、基本的には洗濯を工夫することです。

洋服を使い分ける

洗濯を工夫したうえで、さらに衣類のニオイ対策を行いたい場合には、洋服を使い分けるという方法もあります。

まず、あなたが普段着ている衣類の生地が何であるのかを把握するようにしてください。その中でも、体臭を生じさせないような衣類の条件は「吸水性」「速乾性」「通気性」の3つになります。

常にこの条件を満たしている衣服を着られるのであれば、体臭対策は問題ありません。ただ、そのような素材は、そんなに多く存在しません。

例えば、綿生地であれば吸水性は良いですが、乾燥に時間がかかります。一方、合成繊維であれば乾燥は速いのですが、吸水性に劣ります。そのため肌着は綿生地のもので、その上から合成繊維の服を着ると、素材を生かした体臭対策になります。

また、時期に応じて衣類を変えることも大切です。

真夏や湿度の高い梅雨などでは、肌に密着したような衣類を着ていると、どうしても体温の上昇と発汗が促されます。そのため、そのような時期には少しゆったりとした衣類を着ることで、発汗を抑えることができるので、体臭を予防できます。

他にも、冷暖房によって外気温と室内温度の差が激しいところを出入りするような場合は、着脱が簡単な服を選ぶことで、発汗コントロールができます。

このように、衣類でも生地の特性に合わせた使用や、環境に合わせた服を選択することで、衣類のニオイ対策ができます。

今回述べたように、衣類から生ずるニオイに対する対策は、基本的には洗濯方法を工夫することにあります。そして、さらにニオイを予防するためには、生地にあった使用や、環境に合わせた服選びをすることも効果的です。