部屋干しでのニオイを解消するポイント

a05765fd954b18c9a236ff32c13ee3cf_s

人が体臭として捉える場合、体から発しているものと衣類から臭うものの2つがあります。そして、体臭を気にしている人の多くは服からのニオイに悩まされています。

また、衣服のニオイの中でも、梅雨や雨の日など室内に干した後に残るニオイは特徴的です。どれだけニオイの強い洗剤を使っても、生乾きであれば、服は不快な強いニオイを発します。そこで今回は、部屋干す際にニオイが残らないようにするポイントについて述べます。

部屋干しのニオイは湿度がポイント

衣類からニオイは、服に付着している雑菌に原因があります。そして、雑菌は高温多湿の環境下で増殖する性質があります。そのため、服のニオイを解消するポイントは湿度管理になります。

部屋干しすると衣類にニオイが残りやすいのは、服に湿気が残ってしまうためです。そのため、室内干しした洗濯物のニオイを解消するポイントは、「いかに湿気をなくして、よく乾かすか」ということになります。

そこで、湿気を少なくし乾きを良くするためのポイントを以下に記載します。

洗濯物の量を減らす

洗濯物は、できる限り回数を少なく終わらせたいと考えるのは普通のことです。洗濯にかかる水道、電気代だけでなく、時間も節約できるためです。そのためほとんどの人は、洗濯機に入る量を一杯にして洗濯します。

外に干したり、乾燥機に入れて乾かしたりする場合は、このように多くの洗濯物を一気に洗っても問題ありません。しかし、部屋干しの際には注意が必要です。

一つの部屋に干す洗濯物の量が多くなると、当然、室内の湿度は高くなります。そのような状況では、乾くまでに時間がかかります。その結果、徐々に雑菌が繁殖し、ニオイが発生します。

そうならないためにも特に室内干しをする際は、一回に行う洗濯物の量を減らすことが大切です。そして、それぞれの洗濯物におけるスペースを十分に確保してください。

全過程でお湯を使う

洗濯時にお湯を使うと、洗剤の洗浄力を最大限に発揮させることができます。特に30~40℃のお湯は、洗剤の効果が最も高まりやすい温度だとされています。

このような事実を知っている人は、洗濯時にはお湯を使うことが多いです。ただ、すすぎまでお湯を利用する人は少ないです。

実は、すすぎまでお湯を使った方が、洗濯物のニオイを解消しやすくなります。それは、水と比較してお湯の方が蒸発するスピードが早いためです。蒸発時間が短縮されることで、雑菌が繁殖する前に洗濯物が乾きます。

換気をする

洗濯物が乾くために、換気の回数を増やすことも効果的です。ドアを開けるだけでなく、扇風機やエアコンなどを使うことで、室内に空気の流れをつくるだけでも、洗濯物の乾きは良くなります。

そして、実は洗濯物を干すのに最も適している場所は「浴室」です。それは、浴室には換気扇があるため、室内の湿気を逃がしやすく、乾燥しやすい場所になっているからです。

最も効果的なのは、浴室内に除湿機を置くことです。浴室の換気扇と除湿機による除湿で、すばやく洗濯物は乾きます。

わずかな時間でも外に干す

洗濯物を乾かすには、温かい温度より、風がポイントになります。そのため、少しでも晴れ間が見えた場合は、外に干すようにするとより乾きが良くなります。

また、雨の日であっても、ベランダやテラスなど雨がかからず風だけが入るようなところに洗濯物を干せるのであれば、そのような場所に干した方が、洗濯物は乾きやすくなります。ただ、このような場合、綿や麻の生地はわずかな雨でも傷むため、注意が必要です。

今回述べたように部屋干しのニオイを解消するポイントは、「いかに湿気が少なく、風が当たる環境に干すか」ということになります。

室内干しを行う際は、以上の4点だけでも注意してみてください。それだけでも、部屋干しのニオイは軽減するはずです。