年代・年齢によって異なる加齢臭

f96802504ab8105946adb8fa3b4cb33e_s

一般的に加齢臭と言うと、50~60代の男性に起こる体臭の一種だと認識されています。しかし、実は加齢臭の元となる皮脂の分泌量は30代が最も多いと言われています。

このようなメカニズムを考えると、加齢臭は30代でピークになるはずです。確かに30代の人も体臭はしますが、それは加齢臭と言わず、「30代の男のニオイ」程度しか言われません。そして、ほとんどの人は、加齢臭というと50~60代を想像します。

そこで今回は、年代ごとに異なる加齢臭について述べます。

加齢臭は年代によって異なる

加齢臭の原因は、皮脂腺から分泌される皮脂と呼ばれる脂が酸化することで起こります。そして、実際に加齢臭を発する物質は「ノネナール」と呼ばれる酸化物質だということがわかっています。

これは、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することで作られる物質です。そのため、ノネナールが皮脂の分泌量に比例して多くなるのであれば、30代で最も体臭が強くはずです。

ただ、体臭は皮脂に、汗や古くなった皮膚が混ざり、それらが細菌によって分解されることで作られます。そして、このような汗や皮膚の状況は年齢によって大きく異なります。

例えば、若い時は、代謝が活発なため汗や皮膚のカスが多くなります。一方、年齢を重ねると、汗も皮膚のカスも少なくなります。そして、加齢臭の元であるノネナールは40代以降に発生することがわかっています。

30代では「ぺラルゴン酸」と呼ばれる物質が体臭を作っています。ぺラルゴン酸はノネナールと同じで、皮脂が酸化することで発生するものです。このように同じ加齢臭と言っても、年代ごとに原因もニオイも異なります。

・10~20代の体臭

10~20代の人でも体臭はあります。このように若い年代の人は、代謝が活発であるため、皮膚のアカや汗の量が多くなります。若い人の体臭は、このアカや汗を細菌などが分解することによって発するものです。

この場合の体臭は、「ツン」としたニオイであることが特徴です。

皮膚の代謝は、年齢を重ねるにつれて低下します。そのため、30代に近づくにつれて、このような「ツン」としたニオイもなくなってきます。

これは、足のニオイを想像してもらうとわかりやすいかと思います。足は皮脂の分泌が少ないため、どのような年代でも皮膚のアカと汗が原因になってニオイが作られます。そのため、どの年代でも「ツン」としたニオイがするのが特徴です。

・30代の体臭

だんだん年齢を重ねてくると発生するのが加齢臭です。ただ30代の体臭は、先ほど述べたように、一般的に加齢臭の原因と言われている「ノネナール」ではなく「ぺラルゴン酸」によって生み出されるものです。

30代からの体臭は、皮脂の酸化が原因になります。そのため、20代までと違い、脂っぽいニオイが特徴です。

・40代の体臭

40代の体臭は、30代のときと同じように皮脂が酸化して作られる物質によって生み出されます。ただ、その物質自体は異なり、ノネナールというものになります。そのため、脂っぽいニオイには変わりありませんが、30代の体臭とは異なります。

また、20代に発生する体臭は皮膚のアカや汗が原因であるため、お風呂などで丁寧に洗浄し、石けんで殺菌することで防ぐことができます。

一方、30代以降の皮脂が原因である体臭は、洗うだけでは解消できません。ニオイの原因となる皮脂は、食事などの生活習慣の影響が大きいです。そのため、ニオイを改善するためには、生活を変えるしかありません。

今回述べたように、年齢によってニオイの原因は異なります。また年を重ねるにつれて、ニオイを解消する方法は複雑になります。まずはこのように、年齢によって体臭が違うということを認識しておくことが大切です。