食事が体臭に関係している理由:加齢臭の原因と生活習慣

70f1a6552415138c09a5ed25d6606f4f_s

体臭は、多くの人が悩まされているものです。特に、中高年の男性では「加齢臭」と呼ばれるものが強くなるため、体のニオイを気にするようになります。

そして、体臭の中でも加齢臭は、生活習慣や食事の内容によって大きく変化するとされています。そのため、生活習慣や食生活が崩れている人は、特に体から発せられるニオイが強くなります。そこで今回は、食事が体臭に関係している理由について述べます。

体臭の3つの原因

体から出るニオイは、3つの分泌物から作られます。それは、汗腺と呼ばれる「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つに、「皮脂腺」を合わせた3つです。この3つが、体臭の原因になると言われています。

エクリン腺は、全身に分布する「汗を出す器官」です。全身で約230万個存在し、発汗することで体温調整に関わっているとされています。

ここから分泌される汗は、99パーセントが水分であり、わずかに塩分を含んでいます。そのため、無色無臭で体臭の原因にはなりません。むしろ、エクリン腺から分泌される汗は、皮膚の細菌を防ぐ効果があるため、ニオイを防止する役割があります。

一方、アポクリン腺とは、わきの下やへそ周り、性器、肛門周りなど、体毛が存在する部位に分布する器官のことを指します。

アポクリン腺は、男女ともに思春期に成長します。そして、その成分には水分だけではなく、タンパク質や脂質、糖質、アンモニアなど、体臭の原因となる物質が多く含まれています。

アポクリン腺の具体的な働きは、はっきりわかっていません。しかし、ストレスなどの精神的な緊張だけでなく、性的興奮で発汗することから、フェロモンの分泌器官としての役割が推測されています。

エクリン腺からの分泌物とは違い、アポクリン腺から分泌された汗は、皮膚上の細菌の繁殖を増やす原因になります。このことが、アポクリン腺が体臭の原因となる理由です。

皮脂腺は、アポクリン腺のように毛穴が開き、脂肪分を分泌する器官です。皮脂腺から分泌されたものは、エクリン腺からの汗と混ざることで、皮膚表面を覆う膜を作ります。その膜によって肌がうるおったり、外界から皮膚を保護したりします。

このように、肌にとっては欠かすことができない皮脂腺ですが、分泌量が過剰になると肌がべたつくことになります。

そして、皮脂腺からの分泌物と汗腺から出た汗が混ざったものが、皮膚表面の細菌によって分解されることで、非常に強い腐敗臭が発せられます。このときに作られたニオイが、体臭の原因となります。

皮脂腺は食事によって影響される

体臭は、汗腺と皮脂腺、皮膚の細菌の3つがお互いに作用し合うことで作られます。その中でも、皮脂腺は食事や生活習慣の影響を大きく受けると言われています。

例えば、動物性脂質を過剰に摂取すると、皮脂腺の活動が活発になります。体内に脂肪が蓄積されると、皮脂腺からの分泌物も多くなります。そして、皮脂腺から分泌される「パルミトオレイン酸」と呼ばれるものが、体のニオイに深く関係しています。

パルミトオレイン酸は、年齢を重ねるごとに増えてくる成分だと言われています。また、体の酸化した脂肪分と反応することで、「ノネナール」と呼ばれる物質に変わります。このノネナールが加齢臭の主な原因だとされています。

そのため、脂肪の酸化を進めるような生活習慣や、脂肪が多い食事は、体臭の元にとなるノネナールを過剰に発生させることになると言えます。

つまり、脂肪分の多い食事を摂り、さらに寝不足やタバコ、過剰なストレスによって、体の酸化が強くなると、きついニオイが発生するということです。

今回述べたように、食事や生活習慣は体臭に大きく関係しています。特に加齢臭は、このような生活習慣と食事の影響を大きく受けます。そのため、体のニオイが気になる方は、まずは生活習慣や食事の見直しから行うことが大切です。