30代に生じる加齢臭を抑える方法

e850a4159f6b8af8ab858ef8754685bb_s

加齢臭は、日本人の多くが悩まされる問題です。加齢臭は誰にでも起こるものではありますが、人によってニオイの強さが異なることも事実です。

加齢臭の原因は皮脂の酸化だと言われています。そのため、皮脂の分泌が多くなると、加齢臭が強くなります。そして、皮脂の分泌は30代から急に増えるため、その頃から加齢臭のようなニオイが発生し始めます。

そこで今回は、30代に生じる体臭を抑える方法について述べます、

加齢臭は30代から始まる

冒頭でも述べたように、加齢臭の原因は皮脂の酸化です。そして、皮脂の分泌は30代から増え始めるため、ニオイも30代から強くなります。

ただそうは言っても、30代の人には、中高年の人から臭うような加齢臭はありません。一般的に加齢臭と認識されているものは「ノネナール」と呼ばれる物質が原因です。これも、脂質の酸化により生じるものですが、40代から発生し始めるとされています。

一方、30代は「ぺラルゴン酸」という物質が原因で体臭が強くなります。こちらも、脂質の酸化によって生じるものですが、ノネナールとはニオイが異なります。

ぺラルゴン酸は、脂っぽいニオイであり、古い植物油のような臭いがすることが特徴です。

このように30代から加齢臭は始まりますが、一般的に言われる加齢臭とは異なります。ただ、脂肪酸の酸化によるものという原因は同じですし、体臭が強くなる事も事実です。

ぺラルゴン酸の合成を抑制する物質「メマツヨイグサ」

今まで述べたように、30代に強くなる体臭はぺラルゴン酸によるものです。そしてぺラルゴン酸は、脂肪酸の酸化によって生じます。そのため、ぺラルゴン酸によるニオイを抑制するためには、脂肪酸の酸化を抑制してぺラルゴン酸の合成を抑えることが大切です。

酸化を抑える物質は一般的に「抗酸化物質」と呼ばれ、多くのものが発見されています。食べ物では、特に野菜や果物などに抗酸化物質がたくさん含まれているとされています。また、ブドウに入っていることで有名な「ポリフェノール」も抗酸化物質です。

そして、ポリフェノールを多く含む植物の中でも、ぺラルゴン酸の合成を最も抑制するものが「メマツヨイグサ」ということがわかっています。

メマツヨイグサは、アメリカ原産の植物であり、日本には江戸時代に入ってきたものです。このメマツヨイグサの種子に含まれる成分に、ぺラルゴン酸を抑制するものが多く入っています。

30代のニオイを抑える方法

30代におけるニオイの原因を抑える成分が、メマツヨイグサに多く含まれていることはわかりました。では次に、具体的にどのようにすることで、ニオイが効率的に抑制できるのかを説明します。

ニオイを抑えるためには、3段階に分けたケアが必要です。それは「洗う」「保湿」「ふき取る」の3つです。その際に、メマツヨイグサの成分が含まれる製品を使用すると、より効果的にニオイを抑制できます。

このときには、メマツヨイグサの成分が含まれる「デオドラントソープ」「デオドラントミスト」「デオドラントボディーシート」の3つが有効です。この3つ製品を使用することで、より効率的にぺラルゴン酸の合成を抑えることができます。

まず、メマツヨイグサの成分が含まれるデオドラントソープで体を洗います。そうすることで皮膚に付着した皮脂を効率的に除去することができます。また、メマツヨイグサは、保湿効果もあるため、デオドラントソープで体を洗うだけで、洗浄、保湿という二重の効果が得られます。

体を洗った後は、デオドラントミストを振りかけることで、さらにメマツヨイグサエキスを体に浸み込ませます。そして、時間が経過し、皮脂の分泌が多くなってきた頃に、メマツヨイグサの成分を多く含むデオドラントボディーシートで、皮脂をふき取ります。

30代に生じる加齢臭は、このように3段階のケアを行うことで抑制することができます。

今回述べたように、一般的に言われる加齢臭と違い、30代でも体臭は発生します。そして、30代に起こるニオイの原因は、40代以上の加齢臭とは異なります。そのため、30代の体臭に合った対策を行うことが大切です。