更年期における女性の体臭:ニオイの原因と対処法

f07ff62029317d854b09817873c1a404_s

体臭の中でも、更年期における女性のニオイは特に気にしている人が多いものです。更年期になると、ホルモンバランスが崩れることで、いわゆる「更年期障害」と呼ばれる症状が出現します。

また、更年期障害はホルモン異常だけでなく、自律神経の乱れも生じるため、さまざまな症状が出現します。その中でも、体臭は目立たないため忘れられがちですが、更年期にニオイが強くなる人にとっては大きな問題になります。そこで今回は、更年期に起こる体臭について述べます。

更年期にニオイが強くなる原因

体臭のほとんどは、汗や皮脂などの分泌物が原因で作られます。それらが皮膚上に存在する細菌によって分解されるときに、ニオイが発生し体臭となります。

そして、更年期における体臭の原因は汗です。更年期の症状としては、のぼせや冷え、イライラなどの他に「多汗」というものがあります。多汗とは、特に何もしていないのに急に全身にびっしょり汗をかくような症状があることを言います。

これは、もともと女性ホルモンに備わっている体温調節機能が、更年期に分泌が低下することで起こる現象だと考えられています。

症状が強い人では、じっとしていても、いきなり汗が噴き出してくるような人もいます。また先ほども述べたように、更年期には「イライラ」といったような精神的な問題も出現します。

このような精神的なストレスは、精神性発汗と呼ばれる発汗を促します。

さらに、更年期は自律神経の問題も同時に起こります。自律神経は、血液循環や体温などの機能を無意識下でコントロールしている神経です。そのため、自律神経の機能異常によっても、発汗が起こりやすくなります。

そして、更年期における発汗は、手足ではなく、顔や首、胸などで起こります。このような汗は、「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺から分泌されるものです。

汗の中にアンモニアや脂質、タンパク質などのニオイ成分が多く含まれており、体臭の元になることがアポクリン腺から出る汗の特徴です。また、そのような汗は蒸発しにくく、さらに体温調節機能を低下させます。

更年期には、このように自律神経やホルモン、精神的ストレスなど、さまざまな要因が複雑に混ざり合うことで体臭が強くなります。

更年期におけるニオイの対処法

更年期の発汗は、自律神経やホルモンなど、あなた自身がコントロールすることができない要因が多くあります。その中でも、ニオイを抑えるための方法を以下に示します。

・入浴

入浴は血行を良くして発汗を促します。更年期の異常な発汗を抑制するためには、汗が出るのを抑えるより、よい汗を積極的にかくようにすることが大切です。そのため、入浴は更年期のニオイに対して効果的だと言えます。

また、リラックスすることで、精神性発汗を軽減させる効果もあります。

・運動

入浴と同様に、適度な運動によって汗をかくことは、更年期の異常な発汗を抑えます。

また、ウォーキングやエアロバイクなど軽負荷の有酸素運動は、自律神経の働きを整える効果があります。さらに、ストレッチや腹式呼吸などの運動も、体をリラックスさせることで、自律神経の乱れを調整します。

・食事

更年期にニオイの元となる汗は、アポクリン腺から出る「脂質やタンパク質などを多く含んでいる汗」です。そして、その脂質やタンパク質は細菌の好物であり、ニオイの元となる細菌を増やします。

そのため、食事中の脂質やタンパク質を減らすことで、ニオイの元となる細菌の繁殖を抑えることができます。またショウガは、よい発汗を促し多汗を抑制する効果があると言われています。

今回述べたように更年期のニオイは、さまざまな要因が複雑に関係することで作り出されます。そのような更年期のニオイを抑えるポイントは、入浴や運動、食事などの基本的な生活習慣を整えることにあります。

更年期は、症状が出始めてからは体の調子が悪く、生活習慣を変える余裕も無くなる人も少なくありません。そのため、更年期に入る前から、生活習慣を整えておくことが大切です。