強いニオイの食品で体臭を解消する方法

a47d1ee477f829ce7532ff8859a7ad70_s

体臭を解消する方法は、たくさんあります。腸内環境を整えたり、制汗スプレーを利用したりすることは、多くの人が試している防臭法です。

そして体臭を抑える方法の中でも、あまり利用されていないものに「類似の法則」というものがあります。これは「強いニオイを発するものには、強いニオイの食べ物を食べることでニオイの発生を抑えよう」という考えのものです。

類似の法則を活用することで、さまざまな体臭を抑えることができます。ニオイが強く体臭の原因となりそうな食べ物でも、実際には体のニオイを抑制しているものがあります。今回は、そのようにニオイが強く、体臭を抑制している食品について述べます。

タマネギ、ニンニク、にら

タマネギやニンニク、にらは、ニオイが強い食品として代表されるものです。薬味としてこれらの食材はとても便利で、食べ物を美味しくするものです。ただ、仕事の前日などには避けたがる人が多いものです。

しかし、これらの食品は、逆に体臭を抑える働きもあります。

例えば卵を食べると、おならや体臭がイオウ臭くなります。これは卵に含まれる硫黄成分が元になって、腸内でアンモニアが合成されるためです。

アンモニアは、硫黄成分が腸内に溜まることで作られます。食品が腸内に長く存在すると、腐敗することでニオイの元となります。そのため食べたものが腸内をスムーズに通過すると、アンモニアなどによるニオイの発生が抑えられます。

タマネギやニンニク、にらには、「硫化アリル」と呼ばれる成分が含まれています。硫化アリルとは、タマネギやニンニクなどの独特の刺激臭や辛みを作っている成分です。また、タマネギを切る時に涙が出るのは、硫化アリルの影響です。

硫化アリルには、毛細血管を拡張し血流を良くすることで、胃腸の活動を活発にする働きがあります。

そのため腸の活動が活発になることで、腸内に硫黄成分が溜まることを抑制します。その結果、アンモニアの発生が抑えられ、おならや体から臭うイオウのニオイが少なくなります。

また硫化アリルには、ニオイの元となる「脂肪」を減らす働きがあります。

このように、ニオイが強いタマネギやニンニク、にらなどの野菜は、体臭を抑制する効果があります。特に、硫黄成分を多く含む卵や鶏肉、豚肉、牛肉などと合わせて食べると効果的です。

銀杏、ごぼう

銀杏はイチョウの木になる実です。焼いたり茶碗蒸しなどに入れたりして食べられる食品です。

その特徴は独特のニオイにあり、そのニオイゆえに銀杏を苦手としている人も少なくありません。しかし、そのような強いニオイを発する銀杏にも、体臭を抑える効果があることが分かっています。

銀杏ができるイチョウの葉には、「フラボノイド」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。そのため、銀杏にもフラボノイドが多く入っていると言われています。

そのフラボノイドには、血流を良くし、腸内での腐敗を抑える効果があることが分かっています。

また、脂肪は酸化することで、「過酸化脂質」となり強いニオイを発します。フラボノイドには酸化を抑制する作用があり、過酸化脂質の産生を抑えます。このようなメカニズムでも、フラボノイドは体臭の発生に関係します。

さらに、ゴボウにも体臭を抑制する作用があります。ゴボウも独特のニオイがありますが、これは「アルクチン酸」と呼ばれる揮発成分によるものです。

このアルクチン酸には、フラボノイドと同様の「抗酸化作用」や「脱臭効果」があります。実際に、食中毒の予防や、ドジョウやコイなどの生臭い魚における臭い消しとして利用されています。

このような理由で、銀杏やゴボウも体臭を抑える食品と言えます。

今回述べたように、一見すると体臭を強くしそうな食品であっても、逆にニオイを抑える作用を持つ食べ物は多くあります。そのことを理解して上手く利用することで、体のニオイを解消することができるようになります。