頭皮や髪の毛が臭くなる原因とニオイへの対処法

711b6731a1c0f67b824d598a0a4fd754_s

体臭の中でも、頭皮のニオイは多くの人が悩むものです。特に中高年の男性の中には、頭のニオイを気にしている人がたくさんいます。

そして、頭皮のニオイを気にしている人は、頭髪剤の香りで誤魔化したり、一生懸命頭を洗ったりするなどの対処を行っている場合がほとんどです。しかし、それでは頭皮のニオイは解消できません。

それは、頭が臭くなる原因を理解しておらず、対処方法が誤っているためです。そのため、ニオイが発生する理由を正確に把握することが大切です。そこで今回は、頭が臭くなる2つの理由について解説します。

頭がニオイを発する原因

頭部において起こるニオイには、大きく分けて2つのものがあります。それは「頭皮臭」と「頭髪臭」です。これらは文字通り、頭皮からニオイが発生するものと、髪の毛が臭いというものです。そして、この2つはそれぞれ特徴があります。

例えば頭皮が問題である場合、頭からのニオイは油っぽいニオイになります。それは、頭皮が特に皮脂腺と呼ばれる、油成分を分泌するものが多く分布するためです。

また、体臭は細菌が繁殖し、汗や皮脂を食べて分解するときに発生する物質によって生まれます。そのため、細菌の数が増えると、その分だけニオイが強くなると言えます。

さらに、頭にはフケの問題もあります。フケは頭皮の表面にある「角質細胞」が剥がれたものです。フケも皮脂と同様に細菌のエサとなります。そのため皮脂やフケが多いと、細菌が繁殖し、頭皮のニオイを強くします。

加えて頭皮は毛穴の数が多く、1つ1つが大きいです。そのため、汗や皮脂だけでなく整髪料などが混ざって詰まりやすいです。これがニオイを強くします。

一方、髪の毛が問題である場合、髪の毛に周りのニオイが付着することで頭から悪臭が発生するようになります。このときは目に見えないようなホコリや小さなゴミが髪の中に入り込みます。そして、それらが皮脂と混ざることでニオイの原因が作られます。

また、生渇きの髪は、さらにニオイを付着させやすくなります。そのため、朝にシャンプーをする人で十分に乾かさずに外出すると、頭髪臭を引き起こしやすくなります。

さらに、ドライヤーの熱風を近くで持続的に当てると髪を傷めます。そうすると、「硫化水素」や「メルカプタン」といったニオイ成分が発生し、頭の悪臭を作る原因になります。

このように頭のニオイには、頭皮と髪の2つが原因として考えられます。

頭のニオイを解消する方法

頭の悪臭を解消する方法は、ただ一つです。それは、正しいシャンプーのやり方を実践するということです。シャンプーによる洗髪の方法を間違うと、逆にニオイを強くすることもあります。

具体的な注意点を以下に述べます。

・シャンプーの前にブラッシングを行い、ほこりやゴミを表面に出す

・頭皮が痛まないように、シャンプーの前には十分に頭皮を濡らす

・シャンプーはできるだけ少量の使用にする

・頭皮は爪ではなく、指腹で優しく洗う

・すすぎに時間をかけて、しっかり洗い流す

まずは、ホコリやゴミを表面に出すことで、髪の中にあるものを洗髪で洗い流しやすくします。

また、シャンプーを多量に使用すると、洗い残しが多くなります。シャンプーのカスは細菌のエサとなるため、細菌繁殖の原因になります。そのため、シャンプーは最小限にし、洗い流すときは重点的に行います。

そして頭を洗う際は、頭皮を傷つけないように指腹を使用します。頭皮の傷は、傷部分に汚れをため込みやすくなるため注意が必要です。

以上のことに気をつけることで、頭のニオイを抑えることができます。

今回述べたように、頭のニオイには頭皮臭と頭髪臭の2つがあります。それぞれに注意すべきことがありますが、根本的な対策法はどちらも正しい洗髪を行うことです。正しく頭を洗うことで、頭のニオイを抑えることができます。