オヤジ臭と呼ばれる原因:中高年男性による加齢臭

a619a8fe40d8afc7c2def7b28cc5d6f6_s

年齢を重ねてくると、誰でも体臭が強くなります。そのような中で、特に中高年の男性に対して使われる言葉に「オヤジ臭」というものがあります。

加齢臭は、男性であろうが女性であろうが年を取ると誰でも発生するものです。しかし一般的には、加齢臭の代表として「オヤジ臭」という言葉が使われるように、中高年の男性は体臭が強いというイメージがあります。今回は加齢臭の中でも「オヤジ臭」について述べます。

加齢臭の原因

加齢臭は、中高年になってくると発生してくる独特の体臭を言います。体臭は、汗腺から出る汗や皮脂腺から分泌される皮脂が原因で起こります。皮膚上に存在する細菌が汗や皮脂を分解し、このときに発生する物質が体臭の原因となります。

その中でも、特に加齢臭に関係している物質は「ノネナール」と呼ばれるものです。これは、皮脂腺の中にある「パルミトオレイン酸」という脂肪酸と、脂肪が酸化した「過酸化脂質」が結合することで作られます。

年齢を重ねるにつれて、加齢臭の元であるノネナールを作り出すパルミトオレイン酸と過酸化脂質が増えるために、体臭が強くなります。

このような現象は、性差はなく、女性でも同様に起こります。しかし、オヤジ臭と言われるように、加齢臭は男性特有のニオイというイメージが強くあります。そのことには、いくつかの理由があります。

オヤジ臭と呼ばれる理由

加齢臭は、男性と女性による差はなく、どちらにも同じように起こるものです。そのような中で、オヤジ臭と呼ばれる男性特有のニオイはあります。

それは、加齢臭に頭皮や口臭、足、脇における汗のニオイ、タバコなど、さまざまなニオイが混ざることで生じるものです。しかし、女性でも汗をかきやすい人もいますし、タバコを吸う人はいます。

ただ、男性は女性と比較すると全般的に汗をかきやすく、皮脂腺の活動も活発であるため、脂肪分の分泌も多いです。

また、ノネナールの元である過酸化脂質は、ストレスなどによる「活性酸素」が体内に発生することで作られます。男性は女性と比べ、体の中で活性酸素ができやすいため、過酸化脂質の量が多くなります。このような理由で、男性の加齢臭は強くなると言えます。

中高年男性のイメージも関係している

これまで述べたように、確かにニオイ自体も男性の方が強くなりやすいことは確かです。しかし、オヤジ臭を作り出しているのはそれだけではありません。

中高年男性のイメージというと、「食後に爪楊枝を使い、食べカスを取る」「居酒屋のおしぼりで顔を拭く」「ゲップやオナラを平気でする」「オヤジギャグで場を白けさせる」など、あまり良いものではないと思います。

そのような視覚的なイメージは、実際に鼻から入ってくるニオイというものを強くします。人間の脳内において、記憶やイメージを作り出す場所とニオイを感じる部分は、とても近く深い関係にあります。

「このニオイは懐かしいニオイだ」「このニオイを嗅ぐと小さい頃に旅行に行ったことを思い出す」というようなニオイが、誰にでも1つはあるのではないでしょうか。これは、脳内のイメージを作り出すところと、ニオイを感じる場所が関係しているために起こることです。

オヤジ臭も同様で、中高年男性のイメージが「オヤジ臭」というものを強化する役割を果たしています。

そのためオヤジ臭を指摘される人は、特に身だしなみや普段の生活における行動に注意する必要があります。それだけで周囲のイメージが変わり、オヤジ臭について言われなくなるはずです。

今回述べたように、加齢臭の1つであるオヤジ臭にはさまざまな原因があります。オヤジ臭は、中高年男性における体の特徴から作られるものもありますが、ただのイメージによってより強化されているだけということもあります。そのことを理解した上で、オヤジ臭に対する対策を行うことが大切です。