甘いニオイ(体臭)の原因と解消法

88610fce995f254c548c47ab607c4604_s

原因によって、体臭にはさまざまな種類のニオイがあります。脂っぽいニオイや焦げ臭いニオイ、生臭いニオイなど人によってニオイは異なります。

体臭の原因は、内臓にあることがほとんどです。内臓が弱ったり、負担がかかったりすることで独特のニオイを作ります。そのため、内臓が発するニオイの特徴を知っておくことは、体臭を解消するためには有効です。そこで今回は、甘ったるいニオイの原因と解消法を述べます。

甘いニオイの原因は「膵臓」の不調

甘いニオイは、「糖尿病の人に独特」のニオイだとして知られています。糖尿病は、膵臓(すい臓)で作られる「インスリン」と呼ばれるホルモンの分泌や作用が低下することで起こります。そのため、膵臓に負担がかかったり、弱ったりすると糖尿病にかかりやすくなります。

インスリンは、血液中にある糖質の、筋肉細胞などへの取り込みを促進します。そして、糖質は、細胞が動くためのエネルギーになります。全身の細胞は、血液中から糖分が供給されることで、活動することができます。

糖尿病の人は、食事から摂取し、血液中に入った糖質を上手く利用することができません。そして、増えすぎた糖分が尿中に排泄されるため、糖尿病と呼ばれます。

また、糖尿病の人は、糖質をエネルギー源として利用できないため、脂肪を代わりに使ってエネルギーを作り出します。

脂肪がエネルギーに変わるときに「ケトン体」と呼ばれる物質が合成されます。そして、汗は血液成分から作られるため、汗の中にケトン体が入り込み、それが原因で甘いニオイを生じるとされています。

このような人の特徴は、痩せていることにあります。常に脂肪を燃焼してエネルギーを作り出しているため、体に脂肪が蓄積しません。

そして、糖尿病の人は、運動やダイエットをしているわけでもないのに痩せます。また、健康的な痩せ方ではなく、げっそりしたような、やつれた感じの痩せ方をした場合は注意が必要です。痩せた状態での糖尿病も存在するため、このときに体臭が甘くなるのです。

膵臓を弱らせる原因は、甘いケーキやお菓子、アイスクリームなど、白砂糖を含む食べ物を過剰に摂取することにあります。

また、これらには砂糖成分だけでなく、小麦粉が多く含まれます。小麦粉も、血糖値を上げる食品の1つであるため、膵臓への負担を増やし、膵臓を弱らせる原因になるものだと言えます。

同じように血糖値を上昇させるものでも、米や野菜は、食物繊維などの成分が多く含まれるため、吸収が緩やかであり、膵臓への負担は小さいとされています。

甘いニオイの解消法

このようなニオイへの対処方法は、膵臓に負担をかける食品を減らすことと、膵臓の働きを補う食べ物を摂ることです。

そのため、まずは甘いお菓子やパンなど、体への吸収が良い炭水化物の摂取を減らすことが先決です。そうは言っても、このような食品は依存性が高く、すぐに止めることは難しい場合がほとんどです。そのような場合、膵臓を強くする食材を摂取することでカバーします。

膵臓の働きを補う食品は、意外にも「甘味」があるものです。ただ、膵臓に良い甘味は、甘味と言っても「白砂糖のようなもの」ではなく自然の甘味を指します。

例えば、花の香りのするハーブティーや甘酒などが自然の甘味を持つ食品です。他にも、イモ類やニンジン、カボチャなど、デンプン質を多く含む野菜も、自然の甘味を持つ食材です。

このように、甘いニオイは、自然の甘味がある食品を摂ることで解消できます。また、甘味のあるものでも、カボチャやトウモロコシ、栗など「黄色」の食品は、特に膵臓を補う食品だとされています。

今回述べたように、甘ったるい体臭は膵臓に原因があることがほとんどです。そのような場合は、まずはお菓子などの白砂糖が多く含まれるものを減らすようにしてください。そして、黄色い自然の甘味がある食材を積極的に摂るようにすることで、膵臓を強くすることができます。