体臭を解消する体の洗い方と細菌・乾燥の関係

2e1fcef4b3e1e751a58dc2213d2facb1_s

体臭は、汗と皮脂、細菌が混合することで作られます。ニオイを生み出す菌が、汗や皮脂をエサとして繁殖することでニオイが発生します。

そのため、体の表面にある菌を増やさないようにすることが、体臭を抑えるポイントと言えます。そして、そのような話をすると「体を強くゴシゴシ洗ったほうが良いのか?」と聞かれます。

強く洗ったほうが、菌を取り除けるように思えるのは、何となくわかります。しかし、実際はそうではありません。あまりに強く擦ったりするなど、間違った洗い方は逆に体臭を強くする原因になります。そこで今回は、体臭を抑える体の洗い方について解説します。

強く洗うと体臭は強くなる

体表にある、「汗 + 皮脂 + 細菌」によって体臭は作られます。しかし、そうは言っても、体を強く洗ったからといって、ニオイが抑えられるわけではありません。逆に、間違った洗い方は体臭を悪化させます。

体を強く擦ることで、体臭が強くなる理由は2つあります。それは、「細菌のバランス」と「肌の乾燥」です。

・細菌のバランス

細菌が繁殖すると、体臭が強くなるのは間違いありません。しかし、全ての細菌がニオイの元になるかというと、そうではありません。細菌の中には、体臭を予防するものと、促進するものがあります。

体臭を予防する菌として代表的な細菌は「表皮ブドウ球菌」と呼ばれるものです。表皮ブドウ球菌は汗や皮脂を分解し、良いニオイの元となる脂肪酸を作り出します。

一方、体臭を促進する菌には「黄色ブドウ球菌」や「真菌」といったものがあります。これらの菌も汗と皮脂を食べて分解しますが、これらが作り出す脂肪酸は悪臭を放つ種類の脂肪です。

そのため、表皮ブドウ球菌と、黄色ブドウ球菌、真菌のバランスが大切だと言えます。

そして、体をあまりに強く擦ると、表皮ブドウ球菌まで洗い流してしまう可能性があります。また黄色ブドウ球菌は、石鹸の洗い残しなどをエサとして繁殖します。つまり、洗い過ぎは表皮ブドウ球菌を減らし、黄色ブドウ球菌を増やすきっかけになります。

・肌の乾燥

また、体を洗いすぎると、油が洗い流されるために肌は乾燥します。これは、洗顔などでも同じことが起こります。そうなると肌は乾燥を防ごうとして、皮脂腺からの皮脂の分泌を多くします。それが正常範囲であれば問題ありません。しかし、この皮脂量が過剰になると、体臭を強くする原因になります。

皮脂は、悪臭を作る黄色ブドウ球菌や真菌のエサとなります。そのため、これらの菌が増殖することでニオイは強くなります。

また、過剰に分泌された皮脂は、酸化を受けやすくなります。酸化された脂肪は「過酸化脂質」と呼ばれ、悪臭の元になります。このような理由から、体を強く洗うことは、体臭を強める原因と言えます。

体臭を抑える体の洗い方

体臭を抑制するような体の洗い方のポイントは2つあります。それは、「固形石けんを使用すること」と「手のひらで洗うこと」の2つです。

・固形石けんの使用

多くの人はボディーソープを利用しています。ボディーソープには、香りが良いものが主に売られているため、おしゃれなイメージがあります。

しかし、香りが強いということは、その分だけ肌への刺激も大きいということです。特に、ほとんどのボディーソープに含まれる「界面活性剤」は、体にとって必要な細菌も除去してしまいます。

一方、昔ながらの固形石けんは、そのような界面活性剤が入っていません。そのため、肌への刺激も少なくなります。

・手で洗う

ほとんどの人が、ナイロン製のタオルなどを使用していると思います。しかし、このような硬いもので体を擦ると、先ほど述べたように肌の乾燥を促進します。その結果、皮脂の分泌が過剰になり、体臭が強くなる原因になります。

そのため体を洗う場合は、手で優しく洗うことをお勧めします。手ではないにしても、綿や木綿などの天然素材のものを使うようにしてください。そして最後には、石けん成分が残らないように、しっかり流しきることが大切です。

今回述べたように、体表に存在する細菌類が体臭の原因ですが、体を強く洗うことは、体臭を強くすることになります。石けんを使って手で優しく洗うことで、あなたの体臭は抑えられるはずです。今日からでも始められることですので、ぜひ実践してみてください。