気になる体臭の対処法:足と脇のニオイ

a2ba0990cf6711d080c86415d6f52f7d_s

体臭の原因は、食事など日々の習慣によるものがほとんどです。そのためニオイが気になるからと言って、その場で解消することは困難です。

しかしそうは言っても、急に人の家で座敷に上がることになった場合の足のニオイや、人と接する時における脇のニオイなど、その場でニオイをどうにか軽減させたいことは多いと思います。

このような状況でも、適切な対処方法を知っておくことで、一時的にニオイを軽くすることができます。そこで今回は、このような場面に役立つ消臭テクニックについて述べます。

足のニオイを軽くする方法

急に人の家にお邪魔することになったり、お座敷での接待が入ったりする機会がある人はいると思います。そのようなときに、足のニオイを気にする人も少なくありません。足の嫌なニオイは、相手を不快にさせる可能性があります。

実際、長時間靴を履いて行動した後の足は、誰でも嫌なニオイがするものです。そのようなとき、あるアイテムを持っていると、即時的に足のニオイを軽減することができます。

それは、「靴下」と「デオドラントスプレー」です。

足には「エクリン腺」と呼ばれる汗腺が発達しており、汗をかきやすい場所です。さらに、足は靴下と靴に密閉された空間となっています。そのため、靴の中は高温多湿の状態となっており、ニオイの原因となる細菌がとても繁殖しやすい状況です。

これが、足が臭くなりやすい理由です。そして、靴下は特に汗をたっぷり含んでいるため、まさに「ニオイの元」とも言えます。

そのため、靴を脱ぐ前にトイレに入り靴下を履き替えることで、足のニオイは解消されます。さらに、このときにウェットシートなどで指の間などを拭いておくと、さらに消臭効果が高まります。

また、それでもニオイが気になる方は、デオドラントスプレーを靴下の上から吹きかけておきましょう。このスプレーは、一般的に売られている脇用のスプレーで構いません。ただ、ニオイが強いスプレーは、逆に不快に思われてしまう事もあるので、無香料タイプのものがお勧めです。

以上のように対策を行うことで、足のニオイは軽減されます。しかし、これはあくまで一時的な対策です。基本的には、適切に足を洗うことで、ニオイを根本から解消することが大切です。

脇のニオイを軽くする方法

足と同様に、脇は体臭が発生しやすい場所です。脇は服や腕によって密封されて湿気が溜まりやすく、さらにニオイを吸着しやすい「毛」が多く生えています。

また、脇に分布する汗腺は「アポクリン腺」と呼ばれ、脂質やタンパク質、アンモニアといったニオイの元となる成分を豊富に含んだ汗を分泌します。そのため、脇はとてもニオイが発生しやすい部位だと言えます。

そのような脇のニオイを解消するための方法は、こまめに汗を拭くことです。そして、汗はただ拭けば良いというわけではありません。拭き方を間違えると、逆にニオイが強くなってしまうこともあります。

汗を拭くというと、乾燥したタオルやハンカチを思い浮かべる人が多いかと思います。乾いていた方が水分を多く吸収するため、そのように考えがちです。

しかし、乾燥したタオルでは汗の水分は拭き取れますが、ニオイの成分は残ってしまいます。そのため、逆にニオイが濃縮されることで、体臭を強くする可能性が高くなります。つまり、拭けば拭くほど、体臭を悪化させると言えます。

このような場合、濡らしたタオルやハンカチ、ウェットティッシュなどを利用することが効果的です。

水分を含んだもので汗を拭きとると、汗とニオイの成分を両方取り除くことができます。そのため、市販されている汗ふきシートや、持参のハンカチなどを濡らして汗を拭きとるようにしましょう。

また、あまりにこまめに汗を拭いていると、汗が蒸発しなくなるため、体温を低下させるという「汗本来の機能」を発揮できなくなります。

そうなると体はさらに発汗を促し、体温を下げようとします。つまり、拭き過ぎると逆に発汗量を増やし、ニオイを強めてしまう可能性があると言えます。そのため、汗の拭き過ぎにも注意が必要です。

今回述べたように適切な対処を行うことで、足と脇のニオイは即時的にニオイを軽減することができます。根本的な問題の解決方法ではありませんが、緊急にニオイを解消したい場合には、今回紹介した方法を試してみて下さい。