体のニオイ(体臭)を抑える食品:発酵食品、野菜・果物

69d4ed3fc529fb01cadca473cda0cc6b_s

体臭は、多くの人が悩まされるものです。脇や足、頭は体臭が発せられる部位として代表的な場所です。

そして、体臭のほとんどは汗によって作られます。汗は血液中の成分から絞り出されたものであり、血液は腸内物質から吸収されたもので構成されています。そのため体臭の原因の多くは、あなたが食べた物にあるといっても過言ではありません。

そのため、体臭を強くする食品や、逆にニオイを抑える食品を知っておくことは、体臭をコントロールする上で欠かせません。そこで今回は、体臭を抑える食品について解説します。

発酵食品

汗のニオイが臭くなる原因の多くは、食品自体や食べた物が腸内で腐敗することにあります。そのため、体臭を発生させないためには、腸内環境が整っていることが大切だと言えます。

腸内環境が崩れていると、食べた後に腸内に入ったものは腐りやすくなります。腸内で腐敗する時に発生するガスが血液中に入り込むことで、体臭につながります。

また、過剰な動物性タンパク質や脂肪分の摂取は、体臭につながります。これは、タンパク質が腸内で腐敗しやすいことや、脂肪が酸化して生じる「過酸化脂質」がニオイの原因になるためです。

つまり、体臭を抑えるためには、「腸内環境を整えること」と「体の酸化を抑制すること」が大切と言えます。

さらに、腸内環境が良好な状態とは、酸化反応を抑制する「還元作用」の強い「善玉菌」が多いことにあります。一方、動物性タンパク質や脂質、白砂糖などが腸に入ると、腸内の酸化が進み、「悪玉菌」が優勢になります。

そして、善玉菌は発酵食品に多く含まれています。そのため、発酵食品は腸内環境を整えるだけでなく、体の酸化も抑制します。このような理由から、みそやしょうゆ、納豆、酢などの発酵食品は、体臭を抑える食品だと考えられます。

野菜、果物

野菜や果物も体のニオイを抑える食品として知られています。野菜と果物には、酸化を抑制する物質がたくさん含まれています。

特に野菜や果物の皮には、中身を酸化から防ぐ役割があります。皮があるおかげで、果実が直接、酸素に触れることがなくなります。逆に、熱が加わったり酸素にさらされる時間が長くなったりすることで、食品の酸化は進みます。

これは、米でも同様です。米は、もともとは玄米の形で米の皮(ぬか)が付いています。そのため、米ぬかを取り除いて白米にすると、すぐに酸化が始まります。

野菜や果物を皮つきのまま保存しておけば、酸化が防がれるため長持ちします。これは、皮によって酸化が防がれるためです。皮をむいた状態で放置しておくと、その食品は酸化します。つまり、どのような食品にしても、食べる直前に皮をむくことが、食べ物の酸化を防ぐ一番の方法だと言えます。

また、野菜や果物の皮が持つ酸化防止の機能は、人間の体内でも同様に作用します。

そのため、野菜や果物を皮ごと食べると、体の酸化を防げます。先ほど述べたように、体臭の原因の多くは、体の脂肪分が酸化してできる「過酸化脂質」です。野菜や果物の皮を摂取することで、過酸化脂質の発生を抑えることができます。

このような理由で、野菜や果物は、体臭を抑える食品と言えます。

今回述べたように、体臭を抑えるためには「腸内環境を整えること」と「体の酸化を防ぐこと」が大切です。味噌や納豆などの発酵食品には腸内環境を整える作用があり、野菜や果物には、体の酸化を抑える働きがあります。

体臭が気になる方は、発酵食品や野菜、果物を積極的に食べるようにしましょう。このようなちょっとした食事の工夫で、あなたを悩ませている体臭を改善することができます。