生臭いニオイ(体臭)の原因と解消法

23fe9f57254a06a8e52cbe7822b3fcf0_s

ほとんどの場合、体臭は内臓に問題がある時に生じます。膵臓(すい臓)が原因であると「甘いニオイ」がし、心臓や小腸が不調になると「焦げ臭いニオイ」がします。

このように、臓器ごとに特徴的なニオイがあります。そのため、それぞれの臓器が発しやすいニオイを知っておくことで、体のどこに問題があるのかを予測しやすくなります。そして、それぞれの臓器に合った対象法を行うことで体臭を解消できます。

そこで今回は、「生臭い」体臭の原因と対処法について述べます。

「生臭いニオイ」の原因は肺、大腸にある

体臭の一種に、生魚やイカのようなニオイがあります。このようなニオイは、肺や大腸に問題があることで生じます。

生臭いニオイは、タンパク質を分解することで合成される「アミン類」「インドール」「スカトール」と呼ばれる物質から作られます。これらが腐敗し、大腸や肺に存在するリンパ管に詰まることで、生臭いニオイが発生すると言われています。

リンパ管は、血液と同じように全身を巡っています。血液から細胞に栄養素が送られ、逆に細胞から老廃物が排出されます。このとき、「細胞から吐き出された不要なもの」を排泄するのがリンパ管です。

そのため、リンパ管が詰まることでリンパの流れが悪くなると、血流の流れも滞ります。そうなると血液とリンパ中に、アミン類などのニオイ成分が溜まってしまいます。そして、先ほども述べたようにリンパ管を詰まらせる成分はタンパク質です。

つまり、タンパク質が豊富な乳製品や肉類、魚料理などを多く食べ過ぎると、このようなニオイが強くなります。

また、体臭が生臭いニオイである人の特徴として、秋の時期にニオイが強くなりやすいというものがあります。これは、東洋医学の概念で、肺と大腸は秋の季節に機能が低下しやすいとされているためです。

さらに、肺や大腸は、汗腺とも深く関係しています。そのため、肺や大腸に問題が生じると「多汗症」や「無汗症」と呼ばれる発汗異常を引き起こしやすくなります。

他にも、肺が弱ると「悲しみ」の感情が起こりやすくなるとされています。そのため、秋の肺が弱りやすい時期に憂うつになりやすい人も、肺が原因で生臭いニオイを発生しやすいと言えます。

生臭いニオイの対処法

生臭いニオイの対処法は「タンパク質製品の摂取を減らす」「肺と大腸を補う食品を食べる」の2つがあります。

多くの人は、肉類や乳製品などの、生臭いニオイを作っているタンパク質食品の摂取を減らすことでニオイが解消します。特に、中高年の男性はこのような食品を過剰に摂り過ぎる傾向があるため、少々減らしても問題ありません。

タンパク質性食品を減らしてもニオイが残る人は、肺と大腸を補う食品を摂取するようにしてください。

肺と大腸は、「辛み」のある食品によって働きが活性化されます。具体的には、おろし大根やタマネギ、長ネギ、ショウガなどの野菜類や、こしょうなどのスパイスの利いた薬味などが挙げられます。

そのため、肉類などのタンパク質豊富な食品には、このような辛みのあるものを組み合わせることで、肺や大腸にかかる負担を減らすことができます。

例えば、焼き魚に「おろし大根」を添える、肉類はタマネギと炒めて調理するなどを行うことで、肺と大腸に負担をかけないような組み合わせの料理になります。

また、いも類は腸内でのタンパク質類の腐敗を防ぐ効果があるとされています。ステーキやソーセージなどの肉料理には、ポテトサラダやマッシュドポテトなどが添えられていることがほとんどです。これは、肉類の腸内での腐敗を防ぐためには、とても効果的な組み合わせだと考えられます。

今回述べたように、生臭いニオイの体臭がある場合には、肺と大腸の問題である可能性が高いです。そのような時は、タンパク質性の食品を減らすか、辛みのあるものと組み合わせて食べるようにしてください。そのような工夫を行うことで、気になる生臭い体臭を解消できるはずです。