体のニオイ(体臭)を強くする食品:肉類、乳製品

d9cd4897ec41e48aa7905a13d8003edf_s

脇や口、足から発する体臭は、多くの人が悩まれている症状です。特に中高年の男性の中には、体臭を気にしている人がたくさんいます。

体臭は汗や皮脂といったように、血液成分から作られるものから生み出されます。そして、血液は、その人が食べた食品から抽出されたものです。そのため、体臭の多くは食べた物から作られると言っても過言ではありません。

実際に、体臭を強くする食品というものは多くあります。体臭が気になる人は、まずはこのような特徴がある食べ物を知り、避けることが大切です。そこで今回は、体臭を強くする食品について解説します。

肉類

体臭を強くする食品の1つに、肉類があります。「欧米人は肉類を良く食べるから体臭がキツイ」というのはよく聞くことですが、間違いではありません。これは肉類に含まれる、動物性タンパク質と脂質に原因があります。

肉類に含まれる動物性タンパク質は、腸内で分解される際にニオイの元となる「硫化水素」や「アンモニア」といったものを作り出します。それだけではなく、動物性タンパク質は腸内で発がん性物質が発生させることもわかっています。

腸内で発生したこれらのニオイの元は、血液中に吸収され呼吸器や汗腺から排泄されます。その結果、口臭や体臭を引き起こします。

また、肉類に多く入っている脂肪分は腸内で酸化し、「過酸化脂質」と呼ばれる物質に変わります。過剰に産生された過酸化脂質は皮脂腺から分泌されることで、体臭の原因となります。このように肉類は、肉類に多く含まれるタンパク質と脂質の影響によって、体臭を強くする原因になります。

乳製品

乳製品も肉類と同様に、体臭を強くする食品の1つです。牛乳はもちろんのこと、チーズやバター、それらを使ったピザやアイスなどは、体のニオイをキツクする原因になります。

乳製品を過剰に摂取すると、腸内環境が悪化します。牛乳に多く含まれる脂肪分は、腸内の壁に付着し、腐敗しやすくなります。

また、市販されている牛乳のほとんどは、高温で殺菌消毒されたものです。牛乳の脂肪分は、高熱にさらされることで酸化します。また、牛乳にはタンパク質も多く含まれていますが、タンパク質も熱によって変性します。

酸化した油と変性したタンパク質は、腸内で腐敗を起こしやすく、腸内環境を悪化させます。

先ほども述べたように、体臭は腸から吸収された血液成分から作り出されます。そのため腸内環境が悪化すると、結果的に吸収された血液にもその影響が及び、体臭につながると考えられます。

日本人の90パーセントは乳糖不耐症

牛乳の問題は他にもあります。牛乳に含まれる成分に「乳糖」というものがあります。乳糖は、「ラクターゼ」と呼ばれる酵素によって分解・吸収されます。

しかし、日本人の90パーセントは、ラクターゼが欠乏していることがわかっています。そのため、日本人の多くが牛乳に含まれている乳糖を分解できません。このような状態を「乳糖不耐症」と言います。

乳糖不耐症の症状としては、牛乳を飲んだ後に、腹痛や下痢、おならなどが起こります。

このような症状は、分解されずに大腸に入った乳糖が腐敗し、腸内環境を悪化させるために起こるものです。そして、腸内環境が悪くなると、先ほど述べたように体臭を強くします。つまり牛乳は、牛乳中に多く含まれるタンパク質と脂質、乳糖の3つの成分によって、体のニオイに影響していると言えます。

ちなみに、牛乳はアレルギーやリウマチ、動脈硬化にも関係しているとされています。そのため、体臭が気になる人は、体の健康のためにも、牛乳の過剰な摂取は避けた方がよいと言えます。

今回述べたように、体臭はあなたが食べた物から作られます。その中でもタンパク質や脂質は、特に体のニオイを強くするものです。体臭が気になる人は、まずは食生活から見直すことから行ってください。ちょっとした工夫で、体のニオイは大きく変わるはずです。