体臭を抑える栄養素:食物繊維、ビタミン・ミネラル

05c1bf5196414fb159010595ff19c1cd_s

体臭は脇や頭、足など、体のさまざまな場所から発生します。そして、ニオイが強い部位というのは人によって異なります。

脇のニオイが気になる人もいれば、頭や足が臭いという人もいます。しかし、体臭のほとんどは、汗や皮脂から発生します。そして汗や皮脂は、食べた物が腸で吸収されて作られる血液の成分の一部です。

そのため、あなたが普段食べているものが、体のニオイを作っているといっても過言ではありません。つまり普段の食事を工夫することで、体臭をコントロールすることができると言えます。そこで今回は、体臭を抑える作用のある栄養素について述べます。

食物繊維

体臭が強くなる要因の一つとして、腸内環境の悪化が挙げられます。体臭の元となる汗や皮脂は、血液から作られます。そして、血液を作るのは腸から吸収されたものが材料になります。そのため、腸内環境が悪く腸内にニオイのもととなる成分が作られると、体臭が強くなる原因になります。

腸内環境は、腸の中に存在する細菌類のバランスによって決まります。「善玉菌」が多い状態だと、腸内環境は整っているといえます。逆に「悪玉菌」が優位になると、腸内環境は悪くなります。

腸内細菌のバランスは、食事によって腸内に入る栄養素によって大きく左右されます。

例えば、善玉菌の主要な食べ物である食物繊維が腸内に多く存在すると、善玉菌が優位な腸内環境になります。一方、悪玉菌の主要なエサである脂質やタンパク質が腸内に入ると、悪玉菌が多くなります。

そのため食物繊維が豊富な食品を食べると、腸内環境は整いやすくなります。また、便通が悪くなると、腸内環境が悪くなります。食物繊維は、便通を良くすることでも腸内環境を整えます。

腸内環境が整うと、腸内の物質から作られる血液に対して、体臭の元となる成分が入りこみません。その結果、汗や皮脂から強いニオイを発することがなくなります。

そして食物繊維には、さまざまな種類があります。果物に含まれる「ペクチン」や、こんにゃくの「グルコマンナン」、海藻の「アルギン酸」などが食物繊維の例として挙げられます。体臭が強い場合は、果物やこんにゃくといった、食物繊維を多く含む食品を摂取することで、腸内環境を整えることが大切です。

ビタミン・ミネラル

腸内環境を整えることで、体臭を抑制できます。そして、腸内環境を良くするためには、食物繊維の摂取が有効であることを述べました。

また腸内環境を整える作用がある栄養素は、食物繊維以外にもあります。それは「ビタミン」と「ミネラル」です。この微量栄養素と呼ばれる2つも、腸内環境を良好にする栄養素とされています。

腸内環境を整える善玉菌は、食物繊維をエサにします。ビタミンやミネラルは、善玉菌が食物繊維などのエサを分解する過程を助けます。つまり、食物繊維などを効率的に善玉菌のエサにすることができると考えられています。

ビタミンやミネラルは、野菜類や海藻類に豊富に含まれています。

そのため食物繊維が多い食品には、ビタミンやミネラルも豊富に含まれていると言えます。つまり食物繊維をたくさん含む食品は、二重の意味で腸内環境を整えると考えることができます。

以下に、腸内環境を整えるビタミンとミネラルを多く含む食品の例を挙げます。

ビタミンA:大根葉、にら、シソの葉、ニンジン
ビタミンC:ブロッコリー、ジャガイモ、ピーマン、柑橘類
ビタミンB:玄米、小麦胚芽
ビタミンE:アーモンド、ヒマワリの種
ミネラル:海藻、緑黄色野菜

今回述べたように、体臭を解消するためには、腸内環境が整っていることが大切です。そして腸内環境を良好にする栄養素として、食物繊維やビタミン、ミネラルが挙げられます。

体臭が気になる人は、食事から悪玉菌を増やす肉類、脂肪分を減らし、善玉菌を増殖させる食物繊維やビタミン、ミネラルをたっぷり含む食品を摂取するようにして下さい。それだけで、あなたの体臭は大きく改善されるはずです。