体臭を生み出し、ニオイを強くする食品:スパイス、砂糖

f3a9f84c27a89a02cecb321a5f80fb3b_s

脇のニオイや足のニオイといった体臭は、多くの人が悩まされているものです。これらの多くは、汗や皮脂といったものから作られます。

そして汗や皮脂は、私達が食べた食品から作られる血液から絞り出されたものです。つまり、体臭のほとんどは、あなたが普段食べている食事の影響を大きく受けていると言えます。

実際に食品の中には、強い体臭を作りやすい食べ物と、そうでないものがあります。そのため、体臭に影響する食品を理解し避けることは、体のニオイを抑えるために有効と言えます。そこで今回は、体臭を強くする食品について解説します。

スパイス

スパイス類には、汗を出す汗腺を刺激するものが多いとされています。体臭の多くは、汗腺から分泌される汗によって作り出されます。そのため汗腺を刺激し、発汗を促すスパイス類は体のニオイに関係することがわかります。

特に、動物性タンパク質や香辛料が多く使われているカレーライスや、からし明太子などは注意が必要です。動物性タンパク質は腸内で腐敗することで、体臭を強くする原因となります。

また、スパイスには微生物を殺菌する作用があるため、少量であれば問題ありません。しかし、過剰にとり過ぎると腸内細菌のバランスを崩すことになります。

体臭の原因となる汗や皮脂は、血液から作られます。そして血液は、腸内から吸収したもので形成されます。そのため腸内環境が悪くなると、腸内の物質から生成される血液、そして血液から絞り出される汗や皮脂にも影響が及びます。

さらに、スパイス類に含まれる香り成分は揮発性が高いです。そのため、香り成分が汗の中に入り込むと、ニオイを遠くまで拡散するようになります。

一方で、辛い食べ物にはニオイを抑えるものもあります。キムチはその代表例です。

キムチは発酵食品であり、しかも善玉菌と呼ばれる「乳酸菌」が豊富に含まれています。そのため、腸内環境を整えることで、体臭を抑える働きをします。

また、唐辛子も体臭を抑えるとされています。唐辛子に含まれる「カプサイシン」という成分は、脂肪の分解を促進します。そのため、脂肪の腐敗によって生じるニオイを抑制する働きがあると言われています。このように辛い食べ物は、体臭を強くするものと抑制するものがあることを知っておくのが大切です。

白砂糖

白砂糖とは、黒砂糖に含まれるミネラル成分を、化学薬品を使って取り除くことで作られるものです。

白砂糖を過剰に摂取すると、疲労物質として知られる「ピルビン酸」や「乳酸」といった物質が産生されます。これらは、老化に関係していると言われる「活性酸素」を大量に発生させます。

そして、活性酸素は体の脂肪を酸化させることで「過酸化脂質」を作り出します。過酸化脂質は、悪臭を放つ原因となります。

過酸化脂質が皮脂腺から分泌されるときに、腺に詰まりやすい性質を持っています。そして、皮脂腺からの皮脂の放出を、この酸化した脂肪分が妨げることで、体臭が強くなります。

また、活性酸素は血管を傷つけることで血液の流れを悪くします。これは、汗腺や皮脂腺からの分泌も低下させます。そのため脂肪分が滞りやすくなり、体臭を発生させます。

このように白砂糖は、砂糖の中でも特に体臭を強くする物質です。砂糖自体がニオイを強くしますが、黒砂糖やてんさい糖、麦芽糖、米あめなどは、白砂糖に比べると体臭への影響は小さいものと考えられます。そのため料理に使う砂糖は極力、白砂糖を避けるようにし、黒砂糖などで代用するようにしましょう。

今回述べたように、スパイスや白砂糖は体臭の原因となります。そして、これらの食品は知らないうちに過剰摂取してしまいます。たとえ辛さや甘さを感じない食品でも、スパイスや砂糖は大量に使われている場合がほとんどです。このような理由からも、体臭が気になる人は特にスパイスや砂糖を避けるようにしましょう。