ワキガの原因と入浴やわき毛処理による対処法

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s

脇は、体臭の中でも多くの人が気にする場所です。実際、そのような脇のニオイに対する商品がたくさん発売されています。そして、脇のニオイが強くなると、ほとんどの人は「ワキガ」だと思います。

しかし、脇のニオイが強くなる原因は、ワキガだけではありません。脇から発生する体臭は、には「汗臭さ」と「ワキガ」の2つがあります。また、この2つは、それぞれ対処法が全く異なります。

そのため、この2つの違いを理解し、適切な対処方法を知っておくことは大切です。間違った認識をしていると、逆にニオイを強くする可能性もあります。そこで今回は、ワキガの原因と対処法について述べます。

ワキガの原因

ワキガのニオイは、汗臭さと明らかに違います。すっぱいような、苦いような、ワキガ独特のニオイがあります。

ワキガの原因は、「アポクリン腺」の活動が活発なことにあります。汗を出す汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つがあります。エクリン腺は全身に分布しており、エクリン腺から出る汗は99パーセントが水分であるため、ニオイの元とはなりにくいです。

一方、アポクリン腺は、脇や乳輪、臍周り、肛門周囲など特定の部分に分布します。そして、アポクリン腺から分泌される汗には、タンパク質や脂質などの成分が多く含まれます。

体臭の多くは、皮膚上に存在する細菌の影響によって発生します。細菌が汗や皮脂などを食べて分解するときに、ニオイの成分が作られることで、体臭となります。

そして、アポクリン腺から分泌される汗に含まれる物質は、細菌のエサとなり、細菌の繁殖を促します。また、アポクリン腺から出た汗には、分解されることでニオイの成分となるものが多く入っています。

そのため、アポクリン腺の活動が活発になると、ニオイの成分が増える上に、体臭を作りだす細菌の数も多くなると言えます。ワキガは、このようなアポクリン腺の活動が遺伝的に活発になっている人に起こります。ワキガかどうかは、以下の4点をチェックすることで確認できます。

・服の脇下部分が黄ばんでいる
・耳アカがしっとりしている
・両親がワキガ体質である
・脇毛に白いゴミのようなものが付いている

この4点すべてに当てはまる場合は、ワキガ体質であると考えた方が良いでしょう。あまりにニオイが強い場合は、専門家に診てもらう必要があります。しかし、ワキガにも対処方法はあります。

ワキガの対処法

ワキガに対する対処法のポイントは1つです。それは、清潔を保つことです。そのために、入浴中と日常における注意点を紹介します。

・入浴中

基本的には毎日、就寝前にシャワーかお風呂に入るようにしてください。また、脇の下を洗う際は、石けんを使用して手で優しく洗います。

毎日寝る前に脇下の汚れを洗い流すことで、1日の汚れと角質をため込まないことが大切です。そのため力を込めて洗う必要はありません。また、強く刺激すると皮脂の分泌を促すため、逆にニオイを強める原因になります。

・日常のケア

自分で行うワキガのケアは、清潔を保つことに限ります。そのため、ニオイが発生する前に、消毒用アルコールをつけたガーゼか、携帯用のウェットシートで汗を拭きとるようにしてください。

また、市販されている銀イオンを含むウェットシートは、殺菌作用が高いとされています。消毒効果もあるため、積極的に利用してください。

衣服の手入れも大切です。肌着やシャツなど脇下に接するような衣類は、汗をかいたらすぐに着替え、その日のうちに洗うようにしてください。そのことで、細菌の増殖を防ぐことができます。

さらに効果的な対処法が、わき毛の処理です。脇毛はニオイの元となる細菌の住み家になります。そのため、脇毛を剃るだけでもニオイは大きく変わります。

特に男性は、脇毛の処理に抵抗を感じるかもしれません。しかし、脇毛を剃ることは、ワキガのニオイに対してとても効果的です。ぜひ一度試してみることをお勧めします。

ちなみにワキガに対して制汗スプレーは効果がありません。それどころか、パウダー入りのスプレーを使用すると、逆にパウダーが成分を吸収することで、ニオイを強めてしまう場合もあります。そのためワキガ体質の人は、スプレーの利用は避けた方がよいです。

今回述べたように、ワキガは遺伝的な要因が強いです。しかし、ニオイを軽くする方法はあります。

まずは、「自分のニオイは、ワキガによるものか汗臭さによるものか」を判別できるようにしてください。そして、あなた自身に合った対処法を行うことが大切です。