洋服の脇部分にしみ込んだニオイやシミを取る方法

9d1060b938ef30f1810086bfa6c0f5b4_s

人が悩まされる体のニオイには、汗や皮脂などが原因で作られる「体臭」と、洋服から発せられる「衣服のニオイ」の2つがあります。

体臭は、体を清潔に保つことや、食生活に気をつけることで、ある程度解消できます。しかし、衣服のニオイは一度しみ込んでしまうと、なかなか取れずにずっと残ってしまう場合があります。

今回は、その中でも悩みが多い、洋服の脇部分にしみ込んだニオイの解消法について述べます。

脇はニオイが残りやすい

脇は衣服や腕に囲まれており、汗をかきやすく、また蒸発しにくい場所だと言えます。そして体臭や衣服のニオイの原因は、ほとんどが細菌の繁殖にあります。

細菌は、高温多湿の環境下で繁殖しやすい特徴があります。また、汗に含まれる成分は細菌のエサとなり、細菌を増殖させる大きな要因の1つです。そのため、脇はニオイが発生しやすい場所だと言えます。これは衣類に関しても同様のことが言えます。洋服の脇部分はシミが付きやすく、ニオイも残りやすい場所です。

このような洋服の脇部分に付いたシミやニオイは、通常通り洗濯していても取れません。そして、そのような汚れが重なることで、変色して黄ばんできます。このような状態になると、さらに落とすのが難しくなります。

そうなると、せっかくのお気に入りの服でも、着るのが嫌になって捨ててしまう人もいます。そのようことを避けるために、正しい解消方法を知っておくことが大切です。

脇のシミ、ニオイの解消方法

先ほども述べたように、脇に付くシミやニオイの原因は、細菌の繁殖によるものです。そして、細菌は汗や皮脂、ホコリなどが混ざり合っているために脇部分で増殖しやすいと言えます。そのため、洋服における脇部分のシミやニオイを解消するポイントは、「洗浄をしっかり行う」ということになります。

そのような場合、通常の洗剤では洗浄力が弱く、シミやニオイを解消するためには不十分です。脇のシミやニオイのように頑固な汚れには、洗浄力の強い固形の石けんを使うことが有効です。

また、洗浄力が弱い「純石けん」や「無添加石けん」などは向いていません。これらの石けんは、シルクやウールなどの生地が傷みやすい服の手洗いに向いています。

頑固な脇のシミやニオイには、洗浄力が強い「アルカリ性の石けん」を使うと効果的です。また重層やクエン酸は、気泡によって汚れやニオイを表面に浮かび上がらせる効果があります。

そのため、アルカリ性石けんと重層やクエン酸を合わせて利用することで、頑固なシミやニオイを解消することができます。

さらに、洗濯後は湿気を残さないためにも、風通しの良い場所で十分に乾燥させることが大切です。室内に干したり、乾く前に取り込んだりすると、ニオイが残る原因になります。

以下に具体的な方法を記します。

・アルカリ性石けんでシミ部分をしっかりもみ洗いする

・もみ洗い後、重層、クエン酸を振りかけてブラシで擦る

・風通しが良い所に干す

このようにちょっと工夫するだけで、服に染みついたシミやニオイを解消することができます。

また特にお気に入りの服で、シミやニオイを染み込ませたくない場合は、初めから直接肌に触れないようにしておくことが大切です。そのために、肌着を着る習慣をつけるようにすると効果的です。

今回述べたように、衣服に付いた脇のシミやニオイは、頑固で簡単には取れません。ただ、このような悩みを持っている人は多くいます。

そのような場合は、洗浄力の強い石けんや重層、クエン酸を利用することで問題を解消できます。ちょっとした工夫だけで改善できますので、シミが付いたからと諦めずに、ぜひ一度試してみてください。