ビグアナイド系薬(BG薬)の効果と副作用:メトグルコ

5e830234e5899358ba8eb59d257f89a5_s

生活習慣病の中でも、糖尿病の患者数は多いです。主に日々の生活習慣が乱れることによって、糖尿病を発症してしまいます。

そこで、糖尿病では血糖値を下げるように食事内容や運動習慣の改善を指導されます。ただ、それだけでは不十分な場合、薬を用いることがあります。このような糖尿病治療薬としてビグアナイド系薬(BG薬)が知られています。ビグアナイド系薬としては、以下の医薬品があります。

・メトグルコ(一般名:メトホルミン)

ビグアナイド系薬(BG薬)と糖尿病

血糖値とは、血液中に含まれる糖濃度のことを指します。糖濃度が高いと、血管に障害がもたらされます。特に細い血管に対しての毒性が強く、腎臓や網膜の血管はダメージを受けやすいです。その結果、腎機能が衰えたり失明に至ったりします。

こうした合併症を防ぐために血糖値を下げようとします。糖尿病患者にとって血糖値を下げるために重要となるホルモンとして、インスリンがあります。インスリンは体内に備わっている唯一の「血糖値を低下させる物質」です。

糖尿病に陥るとき、原因の一つとして「インスリンが満足に作用しきれていない」ことがあります。血液中に十分なインスリンが存在しているものの、その効果を最大限に発揮していないのです。この状態を専門用語でインスリン抵抗性といいます。

そこで、このようなインスリンが効きにくくなっている状態を改善することができれば、血糖値を低下できることが分かります。このような薬の一つがビグアナイド系薬として知られるメトグルコです。

メトグルコにはさまざまな作用があります。まず、小腸からの糖の取り込みを阻害します。糖が吸収されにくくなるため、その分だけ血糖値の上昇が抑制されます。

また、肝臓に働きかけることで糖の生成を抑えます。糖が新たに作られる過程を専門用語で糖新生(とうしんせい)といいますが、メトグルコが糖新生を抑えるのです。そして、血液中の糖が筋肉の中へ移行するのを促進させます。糖が血液から移動するため、その分だけ血糖値は低下していきます。

diabetes-aa2

このような作用メカニズムによって、さまざまな器官に働きかけることで血糖値を低下させる薬がビグアナイド系薬(BG薬)です。

ビグアナイド系薬(BG薬)の特徴と副作用

メトホルミンの商品名はメトグルコですが、この薬は新たに開発し直された医薬品です。かつて、メトホルミンの投与上限は1日750mgでした。これは、副作用として知られている乳酸アシドーシスを懸念してのものでした。

ビグアナイド系薬(BG薬)には現在販売中止されているフェンホルミンなどの薬が存在しており、これらの薬で乳酸アシドーシスの副作用が多くみられていました。これを受けて、メトグルコ(一般名:メトホルミン)でも使用を控えようとしたのです。

ただ、実際にはメトグルコによる乳酸アシドーシスの副作用はわずかであり、安全性の高い医薬品であることが分かっています。値段も安価であり、その効果も優れています。

こうした事実から、欧米ではメトホルミンを昔から高く評価しており、日本の投与量に比べてはるかに多い量の投与が認められていました。そこで、日本でもメトホルミンの上限を上げるような動きがあり、臨床試験をやり直して前述の通り再開発したのです。

こうして、メトグルコ(一般名:メトホルミン)として売り出されるようになりました。糖尿病治療薬の中でも、ビグアナイド系薬に含まれる医薬品はメトグルコ(一般名:メトホルミン)だけです。他にも種類があったものの、副作用の観点からメトグルコのみが残りました。

主な副作用としては下痢や悪心、食欲不振、腹痛などが知られています。また、頻度は不明であるものの、ビグアナイド系薬である以上は乳酸アシドーシスに注意しなければいけません。また、血糖値を下げ過ぎることによる低血糖にも気を付ける必要があります。

このような特徴によって血糖値を下げますが、冒頭で述べた通り糖尿病の治療では食事や運動内容の是正が重要です。薬を服用するよりも生活習慣を見直す方が高い効果を得られるため、まずは日々の生活を改めることを考えましょう。