インスリン分泌不全とインスリン抵抗性から学ぶ糖尿病治療

8027ed6093420336b5d7e3ba19c4668d_s

糖尿病は血糖値(血液中に含まれる糖分)が異常に高くなってしまう病気です。糖尿病を放置すると、腎臓の機能が悪化したり目が見えなくなったりします。これらの合併症を防ぐため、糖尿病の治療は重要です。

血糖値を下げようとするとき、インスリンの働きを学ぶ必要があります。インスリンとは、私たちに備わっている「血糖値を下げる唯一のホルモン」を指します。インスリンの働きを理解すれば、どのようにして糖尿病が起こっているのかを学ぶことができます。

インスリン分泌不全とは

ホルモンの中でも、インスリンはすい臓から分泌されます。食事などによって血糖値が上がると、これが合図になってすい臓から血液中にインスリンが放出されます。インスリンが作用することで、血液中の糖は筋肉や脂肪組織などに移動するようになります。こうして血糖値が下がります。

ただ、糖尿病患者であると、すい臓からのインスリン分泌機能が弱っている方がいます。これをインスリン分泌不全といいます。この場合、インスリンが足りていないので血糖値が下がりにくいです。

インスリン分泌不全によって糖尿病を発症している場合、食事療法や運動療法に加えて、インスリン分泌を促す薬を使用したり、インスリン注射によって「インスリンそのもの」を補ったりします。こうして、足りなくなっているインスリンを付け足そうとします。

特に、インスリン分泌機能が完全になくなってる1型糖尿病の場合、インスリン注射が絶対になります。内服薬は使用せず、注射によってインスリンを補うことが唯一の治療法です。なお、インスリン分泌不全は遺伝的な影響が大きいといわれています。

インスリン抵抗性とは

たとえ血液中にたくさんのインスリンが存在していたとしても、血糖値が下がらないことがあります。この状態をインスリン抵抗性といいます。

インスリン抵抗性は肥満や過食、運動不足などによって引き起こされます。例えば脂肪細胞が肥大化すると「インスリンを効きにくくさせる物質(TNFαなど)」が放出されます。こうして、インスリンが効果を表しにくい体質になるのです。

すい臓からインスリンが放出されても血糖値が下がらないため、インスリン抵抗性の状態では、すい臓はさらに頑張ってインスリンを作り続けます。しかし、どれだけインスリンが放出されたとしても、インスリンが効きにくくなっているので高血糖状態に陥ってしまいます。

血糖値が高いと、糖毒性と呼ばれる「糖による毒性」が起こります。これによってすい臓の細胞が傷つき、インスリンが放出されにくくなります。こうして、インスリン抵抗性からインスリン分泌不全へと移行します。

こうなるとさらにインスリンの働きが弱くなり、糖毒性によってさまざまな合併症が起こるようになります。糖尿病を放っておくと、悪循環にはまってしまうのです。

食事と運動の内容を見直す

肥満や運動不足など、生活習慣の悪化によって生じる糖尿病を2型糖尿病といいます。9割以上の糖尿病患者が2型糖尿病であり、この場合は「インスリン抵抗性」「インスリン分泌不全」「糖毒性」「さまざまな合併症」などによる悪循環に陥ってしまいます。

これを回避するため、2型糖尿病では食生活や運動習慣の改善が重要であるといえます。インスリンが効きやすい体に変えることによってインスリン抵抗性を改善すれば、健康的に血糖値を下げて糖毒性を回避できます。

糖尿病治療で重要なのは「薬」ではありません。1型糖尿病のような場合はインスリン注射が絶対ではあるものの、肥満や運動不足によって生じる2型糖尿病では、本来は薬に頼るよりも食事や運動内容の見直しの方が重要です。

すい臓から適切にインスリンが分泌され、さらには「インスリンが効きやすい体」を維持することが糖尿病治療では必要不可欠であるといえます。