すい臓によるインスリンの作用と血糖値の意味を理解する

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_s

糖尿病では、必ず血糖値の数値が問題になります。血糖値が高いと糖尿病と診断されるため、何とかして血糖値を下げるようにしなければいけません。

また、糖尿病ではインスリンと呼ばれる物質の働きも重要になります。血糖値とインスリンの作用は密接に関わっており、糖尿病を理解するためにはこれらのメカニズムや役割を学ばなければいけません。

血糖値とインスリンの関係

血液中に含まれる糖濃度のことを血糖値といいます。血糖値が高いほど、血液中の糖濃度も高くなります。これら糖は食事から摂取します。

ご飯にはデンプンが含まれています。デンプンは消化酵素の働きによって、一つ一つの糖へと分解されます。このときの糖が腸から吸収されると、糖が血液中へと入っていきます。もちろん、チョコレートを食べた後などを食べた後など大量の糖を摂取するとその分だけ血糖値は上昇します。

糖分は私たちにとって不可欠な物質ではあるものの、血糖値が高すぎると毒性を発揮するようになります。これを糖毒性といいます。

血糖値が上がったままでは問題であるため、食事などによって血糖値が上がり始めると、血糖値を下げるように働きかける物質が放出されます。この物質をインスリンといいます。インスリンはホルモンの一種であり、すい臓から分泌されます。

インスリンが作用すると、血液中の糖は筋肉や肝臓、脂肪細胞などへ貯蔵されます。インスリンの作用によって、「血液の中にあった糖が一時的に他の臓器へと移動する」と考えてください。これによって血液中の糖分が少なくなるため、結果として血糖値が下がります。

diabetes-a3

各臓器に蓄えることで、必要になったときに再び糖を生成できるようになります。これにより、血糖値をある一定のレベルで保つことができるのです。

ただ、中には常に血糖値が高くなっている方がいます。この状態が糖尿病であり、通常の人よりも高血糖状態が続いています。この原因としては、すい臓からのインスリン分泌が少なかったり、インスリンが放出されていてもその効き目が弱かったりしていることが挙げられます。

そこで、食事内容の改善によって糖の摂取を控え、運動の実施によってインスリンが効きやすい体質へ変化させる必要があります。また、薬を服用することで血糖値を下げることもあります。基本的には、糖尿病は「インスリンの作用を強める」ことで病気を改善させると考えてください。

ホルモンとは何か

インスリンはホルモンの一種ですが、そもそもホルモンとは何者なのでしょうか。ここでいうホルモンは、焼き肉のホルモンとはまったく別物なので注意してください。

医療用語でのホルモンとは、「体の中に向けて分泌される物質」のことを指します。このような作用を内分泌といいます。それに対して、体の表面や消化管へ向けて分泌されることを外分泌といいます。

例えば、私たちが食物を食べると唾液などの消化液が出てきます。消化液は消化管に向けて分泌されるため、外分泌であることが分かります。

一方、インスリンは血液中に放出されます。体の中に向けて分泌されるため、内分泌として重要なホルモンに分類されます。これらホルモンの中でも、インスリンはすい臓から出されるということなのです。

diabetes-a4

すい臓で重要となるホルモンとしては、インスリンの他にもグルカゴンが知られています。インスリンは血糖値を下げるホルモンですが、グルカゴンは血糖値を上げるホルモンです。

私たちの体内には血糖値を上げる機構が無数に存在しています。一方、血糖値を下げるホルモンはインスリンしかありません。そのため、糖尿病ではインスリンの働きが重要視されます。

なお、ホルモンは微量で作用します。このときの微量とはppm(百万分の一)、ppb(十億分の一)という量です。なかにはppt(一兆分の一)という単位で効果を示すものまであります。つまり、ほんの少しでもホルモンのバランスが崩れるだけで病気になるのです