妊娠糖尿病の原因・治療法と胎児への影響

6d48ec8889d5e3d8c6491e097eaae1e9_s

生活習慣病の一つとして、糖尿病が知られています。食生活の乱れなどによって生じる病気が糖尿病であり、血糖値が異常に高くなってしまうことで合併症を引き起こしてしまいます。

ただ、中にはそれまで普通の状態だった人が特定の出来事をきっかけとして糖尿病に陥ってしまうことがあります。こうした現象の一つとして「妊娠」があります。人によっては、妊娠によって糖尿病になることがあるのです。これを妊娠糖尿病といいます。

なぜ妊娠糖尿病になるのか

妊娠時では胎盤からさまざまなホルモンが分泌されます。このときのホルモンには、「インスリンの働きを抑えるように働くホルモン」が存在します。妊娠時は血糖値が下がりにくい状態になっているといえます。

血糖値を下げる唯一のホルモンとしてインスリンが知られています。妊娠中のようにインスリン作用を抑制するホルモンが多く存在すると、インスリンの働きが薄れてしまうのです。

通常通りインスリンが分泌されているにも関わらず、インスリンが思うように効かない状態を専門用語でインスリン抵抗性といいます。妊婦ではインスリン抵抗性の状態にあるといえます。そのため、それまでの食事や運動の内容に問題がなかったとしても、糖尿病を発症することがあるのです。

通常、妊娠中期以降にこうしたインスリン抵抗性の状態に陥ります。このときは血糖値が上昇しやすく、妊娠糖尿病を発症しやすい時期だといえます。糖尿病であると、母体では妊娠高血圧症候群、羊水過多などの悪影響が表れるようになります。胎児に対しても、巨大児や新生児の低血糖などが表れやすいです。

妊娠糖尿病の治療法

運動療法を行ってもいいですが、妊娠中であるため過度の運動やダイエットは避けるようにします。母体の体重増加が少なすぎると、胎児の発育不良や早産の原因になります。ただ、適度な運動であれば問題ありません。

基本的な治療法としては、食事療法が挙げられます。糖質を抑え、タンパク質の摂取を増やすなどのメニューを考えます。食事療法を実施しても血糖コントロールがうまくいかない場合、薬を使用することがあります。このときは内服薬ではなくインスリン注射を用います。

内服薬では胎児に奇形をもたらす作用が懸念されています。そのため、妊娠前より糖尿病のため内服薬を服用していた妊婦は、原則としてインスリン注射へ切り替えます。

出産後であると、胎盤から放出されていた「インスリンの働きを抑えるホルモン」が減るため、必要とされるインスリン量は減ります。インスリンの効きにくい状態から解放され、自然と糖尿病が改善していきます(妊娠前から糖尿病だった人は除く)。

そのため、出産後はインスリン量を減らしていくなどの対処をします。このとき、出産後であっても内服薬の糖尿病治療薬は使用しません。薬の成分が母乳中に混ざりこみ、結果として新生児に悪影響を及ぼす危険性があるからです。

例えば、糖尿病治療薬には「インスリンを分泌させる薬」が存在します。この薬が母乳に入り込むことにより、新生児が低血糖に陥るリスクがあるのです。

なお、「インスリンが効きにくい状態は出産後に解消される」とはいっても、妊娠糖尿病を発症する人は将来糖尿病に罹る可能性が高いです。そのため、常日頃から血糖値に対して注意を払っておく必要があります。

また、妊娠中に糖尿病を発症したのではなく、以前から(妊娠前から)糖尿病だった場合は糖尿病合併妊娠と呼ばれます。もともと糖尿病であったため、妊娠をきっかけとして発症する妊娠糖尿病とは区別されます。

最初から糖尿病を発症していた場合は流産しやすく、生まれてくる子供も先天性の奇形を生じる確率が高くなることが分かっています。妊娠高血圧症候群の発生頻度も高く、リスクの高い出産であるといえます。

そのため、適切な血糖コントロールを行うなど妊娠前に早目の対処が必要になります。妊娠初期から正常な血糖値であれば、通常妊娠と同じように出産できることが分かっています。