SU剤(スルホニル尿素剤)の効果と副作用:アマリール

02a8282c1f76fd8a47dac7b8b9bf90f0_s

血糖値(血液中に含まれる糖濃度)が高くなってしまう病気として糖尿病が知られています。糖尿病を放置すると、腎機能が悪化して透析が必要になったり、網膜症を発症して失明したりします。

そこで血糖値を下げる必要がありますが、糖尿病を治療するために古くから使用されている薬としてSU剤(スルホニル尿素剤)があります。主なSU剤としては、以下のようなものがあります。

・アマリール(一般名:グリメピリド)

・オイグルコン、ダオニール(一般名:グリベンクラミド)

SU剤(スルホニル尿素剤)と糖尿病

糖尿病の治療を考えるとき、インスリンという物質の働きが重要になります。インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンだからです。

糖尿病患者では、インスリンの分泌機能が弱っていることがあります。その場合、血液中のインスリンが十分に足りていません。そこで、インスリンをたくさん放出させるように薬によって調節すればよいことが分かります。

インスリンはすい臓から分泌されます。そこでSU剤という種類の薬は、すい臓に働きかけてインスリンの放出を促すように働きかけます。こうして大量のインスリン分泌が起こり、結果として血糖値を下げることができます。

かつてのSU剤は、すい臓へ作用することで無理やりインスリンを分泌させていました。そのため、SU剤の長期間使用によってすい臓が疲弊してしまうという副作用がありました。

ただ、現在ではそのような問題を軽減したSU剤が開発されています。すい臓への負担を完全になくしたわけではありませんが、薬の副作用がかなり改善されているのです。

そのため、初期に開発されたSU剤を使用することは現在ではありません。血糖値を下げる作用に加えて、すい臓機能も保つSU剤が開発されているからです。

例えば、アマリール(一般名:グリメピリド)という名前のSU剤は、従来のSU剤に比べて「インスリン分泌の促進作用が弱いものの、血糖値を下げる作用は強力である」ことが知られています。これは、アマリールにインスリンを分泌させる作用だけでなく、インスリンを効きやすくさせる働きがあるからです。

なお、これらSU剤は「全体を通した血糖値を下げる薬」といえます。糖尿病患者では常に血糖値が高くなっています。そのため、長時間にわたってインスリン分泌を促すSU剤を使用することにより、1日を通して血糖値を低下させることができます。

diabetes-a6

SU剤(スルホニル尿素剤)の副作用

現在では数多くの糖尿病治療薬が存在します。ただ、かつてはSU剤しか治療薬のない時代が長く続きました。そのため、糖尿病治療としてSU剤は基本であるといえます。

これらSU剤を服用するとき、低血糖という副作用に注意しなければいけません。インスリンを分泌させることで血糖値を下げるということは、その効き目が強力であると血糖値を低下させすぎることを意味します。その結果、低血糖に陥ります。

低血糖では発汗や無気力、悪寒、ふるえなどの症状から始まり、重症になるとけいれんや昏睡状態に陥ります。低血糖はSU剤の服用によって生じる重篤な副作用であるため、注意しなければいけません。

低血糖が起きたときは、迷わずに糖を摂取します。高血糖状態よりも低血糖の方が問題であるため、躊躇する必要はありません。

こうした副作用を避けるため、薬の服用間隔を短くしたり通常よりも多い量を一度に飲んだりしてはいけません。副作用を生じる可能性が高くなるからです。

これらの副作用はあるものの、適切に活用すれば血糖値を低下させて糖尿病による合併症を予防できる医薬品がSU剤です。

ただ、糖尿病の場合は食事内容や運動習慣などを改善させた方が高い効果を得ることができます。薬を服用して副作用のリスクを負うよりも、生活習慣を改めた方がより健康的な毎日を送ることができます。