チアゾリジン系薬の効果と副作用:アクトス

8b552ee5a131c3a57d7218041f72d04e_s

腎症や網膜症、神経障害など、合併症が問題になる病気として糖尿病があります。血糖値が異常に高くなってしまう病気が糖尿病です。

そこで、血糖値を下げることで糖尿病を治療する薬がチアゾリジン系薬です。チアゾリジン系薬としては、以下のようなものがあります。

アクトス(一般名:ピオグリタゾン)

チアゾリジン系薬と糖尿病

糖尿病を考えるとき、インスリンという物質が重要になります。インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンです。そこで糖尿病の薬は「インスリンの作用を強める」ことで作用を表すことが多いです。

肥満になると糖尿病を発症しやすいですが、これはインスリンが働きにくくなっているからです。インスリンは血液中にたくさん存在するものの、血液中の糖濃度を適切に減らすことができなくなっているのです。これを専門用語でインスリン抵抗性といいます。

肥満状態では脂肪細胞がパンパンに膨れています。こうした状態の脂肪細胞は「インスリンの効き目を悪くする物質」を放出するようになります。これが、肥満の人で血糖値が下がりにくくなる理由です。血糖値がなかなか低下しないため、糖尿病を発症してしまうのです。

一方、痩せている人では脂肪細胞は小さいです。この状態の脂肪細胞は「インスリンの効き目をよくする物質」を分泌します。脂肪細胞がどの状態にあるのかによって、性質が変わるのです。

そこで膨れ上がった脂肪細胞に対して作用し、小さい脂肪細胞へと変化させることを考えます。これができれば、それまで「インスリンの効き目を悪くする物質」を放出していた脂肪細胞は「インスリンの効き目をよくする物質」を分泌するようになります。

このような考えによって創出された薬がチアゾリジン系薬であり、チアゾリジン系薬としてはアクトス(一般名:ピオグリタゾン)があります。

diabetes-aa7

アクトスは肥満化した細胞へ働きかけることで、脂肪細胞を細分化させます。これによって血液中の糖を取り込みやすくなり、インスリン抵抗性が改善されます。

チアゾリジン系薬の特徴と副作用

糖尿病治療薬として用いられるチアゾリジン系薬は、アクトス(一般名:ピオグリタゾン)だけです。過去では他にもチアゾリジン系薬が存在したものの、副作用の観点からアクトスだけが残っています。

アクトスは血糖値を効果的に下げることが可能ですが、副作用として「太りやすくなる」ことが挙げられます。脂肪細胞を小さくすることで糖の取り込み機能を改善させる作用であることから、細胞に栄養が蓄積されやすくなって肥満化してしまうのです。

また、体内に水分が貯留することで浮腫を引き起こすことも知られています。体に水が溜まると、それだけ心臓はたくさんの血液を送り出す必要があるため、心不全を引き起こしやすくなります。

これらの副作用を含め、心不全や浮腫、肝機能障害、黄疸、低血糖、横紋筋融解症、間質性肺炎、胃潰瘍などが重大な副作用として知られています。

なお、アクトス(一般名:ピオグリタゾン)には膀胱がんのリスクがあるのではといわれています。膀胱がんに関する報告を受け、フランスやドイツなどではアクトスの承認が取り消されています。糖尿病治療薬は優れた血糖降下作用をもちますが、いずれにしても副作用の観点から本来は薬に頼らずに生活する方が望ましいです。

特に生活習慣病は食生活や運動習慣を変える方が薬を飲むよりも優れた効果を期待できます。そのため、薬を減らすことを考えながら、日々の生活を改める方が健康な毎日を送ることができるといえます。