血糖値調節の基礎と糖質の関係

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

血糖値はさまざまな要素が加わって調整されます。食事やグリコーゲン分解、肝臓による糖の取り込み、糖の合成、運動、ストレス、ホルモンなど多数の要因により血糖値は上下します。

なかでも食事による糖質摂取の影響は大きく、血糖値の変動を招いている一番の要因であると考えます。今回は状況別に血糖調整の実際を解説していきます。

空腹時は肝臓が血糖調整している

人のエネルギーを作り出す材料は、主に脂質と糖質です。この中でも脂質は脂肪酸やケトン体、糖質はグリコーゲンやブドウ糖に分解されて使われます。

糖質を含む食事を行うと、血糖値が上昇します。このときは血糖値が高くなるため、主にブドウ糖を使ってエネルギー作り出します。そして食後4~5時間経つと、血糖値は通常の値まで戻ります。この時、体は「活動するために必要な最低限の血糖値」を維持するために、脂肪酸やケトン体を活用してエネルギーを作り出すように切り替えます。

最低限の血糖値を維持するのは、赤血球がブドウ糖しかエネルギーの原料として使えないためです。赤血球以外の細胞は、脳を含めた全ての臓器において、脂肪酸、ケトン体をもとにエネルギーを作り出すことができます。

このとき、空腹時に血糖値をコントロールしているのは肝臓です。タンパク質のもとである「アミノ酸や乳酸」、脂肪のもとである「グリセロール」を原料にブドウ糖を作り出します。このことを専門用語で「糖新生」といいます。

繰り返すと、空腹時は赤血球が最低限必要なレベルの血糖値で問題ありません。このときの血糖値は、肝臓による糖新生だけで十分まかなえるのです。

食事で糖質を摂取したとき

まず食事で糖質を摂取すると、腸で吸収されたあと、肝臓を通過します。肝臓を通過した後、体の血液循環に入ります。肝臓では「インスリン」というホルモンの作用により、糖を肝臓にため込むことができます。正常な人では、肝臓に達した糖の約半分が肝臓に貯蔵され、残りの半分が血液循環に入り、血糖となります。

つまり、この「インスリン」の作用がない場合は、糖を肝臓に取り込むことができず、摂取した糖の多くが血糖として血液中を漂うようになるのです。糖尿病の人が食後に血糖値が急激に上がる原因はここにあります。

また、「インスリン」と反対の作用を示すホルモンに「グルカゴン」があります。このホルモンは肝臓にため込んだ糖を、血液循環に流すことを促進します。つまり、血糖値を上昇させる作用があるのです。「インスリン」の分泌が少ない場合は、「グルカゴン」の分泌が多くなり、血糖値を上昇させてしまうのです。

そして、血糖となった糖は全身の筋肉や脂肪のエネルギーを作り出します。このとき、正常な場合は「インスリン」の作用により、筋肉や脂肪細胞に血糖をスムーズに取り込むことができます。

しかし、糖尿病により「インスリンの分泌が少ない」、または「作用が弱くなる」などの状態になると、筋肉や脂肪への糖の取り込みができなくなります。その結果として、高血糖となるのです。

また通常、筋肉や脂肪細胞で使われなかった血糖は「インスリン」の作用により脂肪組織や肝臓で中性脂肪に変えられ蓄えられます。中性脂肪の蓄積は結果として高血糖を招きます。糖尿病の人は、このような理由でも高血糖状態が続いてしまうのです。

以上のように、「インスリン」は重要な役割を担っています。しかし、健康な人でも「インスリン」を過剰に分泌させることは中性脂肪を蓄積する原因になります。

また、「インスリン」を過剰に分泌させると、インスリンの放出に関わるすい臓が疲労します。そうなると、必要な時にインスリンが分泌されなくなってしまいます。つまり、「インスリン」の分泌は極力、無駄にしない方が良いのです。

糖質が少ない食事をとったとき

基本的に、血糖値を上昇させる唯一の栄養素は糖質です。つまり、糖質が少ない食事をとった場合はほとんど血糖値の上昇はありません。つまり、「インスリン」の分泌も少ないです。

このような場合は、食後であっても安静時と同様に肝臓の「糖新生」による血糖値のコントロールが行われます。

以上のようにして血糖値はコントロールされています。これらをまとめると、次のようになります。

・安静時は肝臓による「糖新生」のみで十分に血糖値は調整できている

・「インスリン」は重要だが、無駄に使わない方が良い

・血糖値を唯一上昇させるのは糖質である

・糖質を制限すると「インスリン」の無駄遣いを避けることができる

血糖値の上昇は食事内容に大きく左右されます。糖尿病など、特に血糖値を気にする人であれば、糖質の摂取を抑えるようにしましょう。