ダイエットでの体重測定のタイミングと記録の重要性

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

ダイエットで重要となる値の1つとして、体重があります。ダイエット中の人によっては、自分の体重変動が気になり過ぎて、1日に何度も体重を測る人がいます。

しかし、体重は食事や水分を摂ったり、汗をかいたりすることなどで大きく変動します。そのため、1日に何度も体重を測っていると、自分の現在の体重がわかりにくくなってしまいます。

また、ただ体重を測るだけで終わってしまうと、体重の増減に対する意識が弱まる恐れがあります。そこで、「体重を測るベストのタイミング」と「体重を測ったときに行った方が良いこと」について、それぞれ解説していきます。

体重を測るベストのタイミング

ダイエット中の人によっては、体重を夜のお風呂上がりに1回のみ測る人がいます。体重を測るのが1回だけなのは問題ありません。むしろ、1日に何回も体重を測ってしまうと、自分の現在の体重がわからなくなってしまうからです。しかし、夜、お風呂に上がってから体重を測定するのはおすすめできません。

夜の体重測定で自分の体重が増えたことに気づいたとしても、夜なので1日の活動はほぼ終わってしまっています。そのため、体重増加に対応する行動がすぐにとれません。

夜のお風呂上がりの後は、翌朝に備えて睡眠をとる必要があります。そして、朝起きたときには、体重増加の危機感は薄れてしまっています。

そこで、ダイエット中に体重を測るベストのタイミングとその回数として、朝起きてから1回だけ体重を測ることがあげられます。

朝起きてからの測定で体重の増加に気づいたときであれば、1日が終わるまでにたくさんの時間があります。そのため、1日が終わる前に、食事量を少なめにするなどの体重増加に対応する行動を取ることができます。

このように、ダイエットで体重を測るタイミングと回数を工夫することで、体重増加などに即座に対応できます。そして、食事の量を調整するなどの適切な努力をすることで、ダイエットの成功をさらに高めることができます。

体重を測ったときにやるべきこととは

ダイエット中に体重を測るとき、それだけで終わってしまうのはもったいないです。なぜなら、体重を測っただけでは、その数値をすぐに忘れてしまうからです。さらに、体重の増減に対する意識が薄くなってしまいます。

そのため、朝起きて体重を測ったときにぜひやっていただきたいこととして、体重の数値を毎日記録することがあげられます。こうすることで、毎日の自分の体重増減に注意が向きやすくなります。

また、体重の数値は、目につきやすい場所に設置した壁掛けタイプのカレンダーに記録することをおすすめします。これにより、自分の体重の増減を頻繁に目にすることになり、ダイエットに対するモチベーションを維持しやすくなるからです。

また、家族に自分の体重を見られるのが恥ずかしい場合には、代わりに手帳タイプのカレンダーやメモ帳に日付を書いて体重を記録することでも良いです。この場合には、記録した体重の変動を欠かさずに見る癖をつけてください。体重を記録しただけでチェックしないのでは、自分の体重の変動に意識が向かなくなってしまう恐れがあるからです。

このように、ダイエット中に体重を測る場合には、カレンダーなどに記録することを考えてみてください。これによって、ダイエットに対するモチベーションが保たれますし、体重の変動にさらに対応しやすくなります。

体重は、水を飲んだ場合や汗をかいた場合などでも増減します。しかし、体重が2キロ以上増えるなど、大きく変動する場合には、食べ過ぎなどの水分以外の問題が関係している可能性が高いです。このことを知るためにも、体重の測定と記録は大切です。

人によっては、体重を測るのが面倒くさいと感じたり、自分の現在の体重を知るのが嫌だと思ったりすることがあるかもしれません。しかし、体重を測るのにはさほど時間がかかりません。そして、肥満を進行させないためにも、体重測定で自分の現状に向き合うことが極めて重要です。

体重の測定と記録は、ダイエットに対するモチベーションを保つための大きな武器になります。ダイエットを成功させ、自分を変えたいのであれば、体重の測定と記録に躊躇せずに取り組むことを考えてみてください。