ダイエットに必要な目標設定と小さな失敗を乗り越える方法

人が物事に取り組む場合には、何かしらの目標を設定した上で、それに向かって努力をする必要があります。例えば、受験生であれば「第一志望の学校の入学試験に合格する」などを目標に設定して、受験勉強に励みます。

これと同じように、ダイエットを行う場合にも目標を設定することが極めて重要になります。なぜなら、目標を定めてダイエットを行わないと、ダイエットのモチベーションが維持しづらくなるからです。そのため、ダイエットでも必ずゴールを見定める必要があります。

また、ダイエットを続けていると、食事に誘われて食べ過ぎてしまったなどの小さな失敗をすることがあります。こうした失敗を気にしすぎると、ダイエットに挫折する恐れがあります。

そこで、「ダイエットを成功させるための目標設定の方法」と「ダイエットでの小さな失敗の乗り越え方」について解説していきます。

ダイエットを成功させる目標設定

ダイエットを始める場合には、「なぜ自分は痩せたいのか」や「痩せてどのようになりたいのか」についてしっかりと考えることが重要です。その上で、ダイエットの目標を明確にします。

ダイエット目標を決める場合、「今月中に10キロ以上痩せる」などのように、一定の期間内に体重を減らすことを目標にしてはいけません。なぜなら、体重などの数値を目標にした場合、その目標を達成したときの自分の姿をイメージしづらいからです。それに加えて、モチベーションが維持しづらくなってしまいます。

そのため、体重などの数値をゴールに設定するのではなく、「痩せてかっこよく思われたい」や「痩せてキレイな服が着たい」などの見た目に関係することを目標に設定します。こうした目標であれば、自分が痩せた姿をイメージしやすい上に、モチベーションを保ちやすくなります。

ダイエットの目標が決まったら、それを紙や手帳などに書いておきます。そして、ダイエット中にモチベーションが低下したときなど、それを見るようにするのです。こうすることで、ダイエットに対するモチベーションが再び高まり、ダイエットの挫折を回避することができます。

これらの方法を行うのは、人によっては恥ずかしいと思うかもしれません。しかし、痩せたい理由を書いたものは、誰かに見せなければいけないわけではありません。そのため、恥ずかしがらずに取り組むことをおすすめします。

痩せたい理由を記した紙やメモなどは、ダイエットを挫折せずに成功させるための強力なアイテムになります。そのため、これからダイエットを始める場合には、この方法をぜひとも取り入れていただきたいと思います。

ダイエットでの小さな失敗を乗り越える方法

ダイエット生活を送っている場合、飲み会などに誘われて食べ過ぎてしまうことや、忙しくて運動する時間が取れなかったことなど、何かしらの小さな失敗をすることがあります。

そして、これらの失敗が重なったとき、人によっては失敗を気にしすぎて「自分はなんて意志が弱いんだ」、「こんなはずではなかったのに」と自分を責めてしまうことがあります。さらに、場合によってはダイエットに挫折してしまいます。これは、非常にもったいないことです。

ダイエットでは、1日や2日などの短期間の努力だけで成果が出ることはありません。裏を返せば、1度や2度食べ過ぎてしまったり運動を忘れてしまったりしたくらいでは、体脂肪の量が大きく増加することはありません。

確かに、食べ過ぎをした場合には、一時的に体重が増加します。しかし、それは胃腸に水分や未消化物などが残っているだけにすぎません。

ダイエットにおける小さな失敗に耐えるためには、たとえ食べ過ぎたり運動できなかったりしたことがあっても、それを一切気にせずに「明日から頑張ろう」と気持ちを切り替えることが大切です。

このように、ダイエット成功の秘訣としては「目標設定をすること」と「小さな失敗を気にしすぎないこと」が挙げられます。こうしたことに取り組むことで、ようやく痩せたスマートな身体を手にできるようになります。