飲み会では、お酒のカロリーよりもおつまみのカロリーに注意する

aa0ea0c96333b18200c6873e580c7cf3_s

ダイエットに関するよくある考え方の一つとして、「お酒を飲むと太る」というものがあります。たしかに、アルコールには1グラムあたり7.1キロカロリーの含有量があります。そのため、お酒を飲んでしまうと、カロリーを大量に摂ることになります。

しかし、アルコールのカロリーは体に吸収された場合、即座に「酔い」として体温の上昇などに消費されてしまいます。したがって、お酒のカロリーのほとんどは、脂肪として体に溜め込まれません。

また、お酒に含まれるカロリーは、お酒の種類によって異なります。そこで、「飲むと太りやすいお酒」と「飲んでも太りにくいお酒」について、確認していきます。

醸造酒と蒸留酒のカロリーの違い

お酒のうち、原料をアルコール発酵させてつくられるものを「醸造酒」といいます。醸造酒としては、ビール、日本酒、ワインなどがあげられます。

一般的には、「ビールや日本酒などの醸造酒を飲むと太る」といわれています。この理由として、醸造酒にはアルコールそのもののカロリーのほか、原料のカロリーが加わることがあげられます。

アルコール本来のカロリーに対して、ビールの場合には麦が上乗せされます。日本酒の場合には、米のカロリーが追加されることになります。

一方で、醸造酒を蒸留することでつくられたお酒のことを「蒸留酒」といいます。蒸留酒としては、焼酎、ウィスキー、ブランデーなどがあげられます。「焼酎やウィスキーなどの蒸留酒は、飲んでも太りにくい」といわれています。これは、蒸留酒の原料のカロリーが蒸留によって失われるからです。

そのため、ビールなどの醸造酒に比べて焼酎などの蒸留酒の方が、飲んでも比較的太りにくいです。しかし、どちらのお酒のカロリーも、そのほとんどはアルコールによるものです。

例えばビールの場合、100グラムあたりのカロリーは約40キロカロリーです。ビールのアルコール分を5%としたとき、100グラム×5%(0.05)×7.1(アルコール1グラムあたりのカロリー)=約35.5が、ビールに含まれるアルコールのカロリーとなります。

そして既に述べたとおり、アルコールのカロリーは体温の上昇などに使われ、脂肪として溜め込まれることはほぼありません。

100グラムのビールのうちアルコール以外のカロリーは、約4.5キロカロリーとごくわずかです。そのため、1杯や2杯などの量であれば、ビールなどの醸造酒を飲んでも太る心配はいらないといえます。

しかし、醸造酒であろうと蒸留酒であろうと、過度な飲酒は体を壊す恐れがあります。そのため、どんなお酒であっても飲み過ぎないように注意してください。

お酒よりもおつまみのカロリーに注意

飲み会などでお酒を飲む場合、大抵の人はお酒だけでなくおつまみを口にします。

実は、お酒よりもおつまみの方が、体を太らせる原因になりやすいです。なぜなら、飲み会などで出されるおつまみは、唐揚げやフライドポテトなどの高カロリーのものが多いからです。

もし、「ビールは太るって聞いたからあまり飲まないようにしよう」と思い、高カロリーの揚げ物やご飯ものをたくさん食べてしまうと、ビールだけ飲んだ場合よりもはるかに多い量の脂肪が体に蓄積してしまいます。これを避けるため、お酒のカロリー以上におつまみのカロリーに注意する必要があります。

飲み会などで食べられるおつまみのなかには、フライドポテトなどの高カロリーのものだけではありません。枝豆やキムチなど、カロリーが少ないものもあります。ダイエット中の方が飲み会に出席した場合には、これらのカロリーの少ないもので空腹を満たすようにしましょう。

さらに、もずく酢などの食物繊維を多く含む食品を食事の最初に食べておくと良いです。食物繊維によって、その後に摂る食品の糖質が吸収されにくくなり、余分な脂肪の蓄積を抑えることができるからです。

このように工夫することで、食事で摂るカロリーが多くなりがちな飲み会であっても、体の脂肪の蓄積を避けることができます。そして、これらの努力を継続することで、ダイエットを成功に導くことができます。