ダイエットで運動を始める場合の注意点と、効率よく痩せる運動

2fb5dc946c7935e546d81fbc2a580617_s

ダイエットを始める人のなかには、新しく運動に取り組む方がいます。しかし、長い間運動を行っていなかった人が急に体を動かすと、痩せるどころか体に悪影響を生じることがあります。

また、ダイエットのための運動として、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行う人は多いです。しかし、有酸素運動はダイエットの視点で見た場合、あまり効率の良い運動ではありません。さらに、長い時間を必要とするため、なかなか続けることができません。

そこで、ここでは「運動に体が慣れていない状態で体を動かすことの危険性」と「ダイエットにおいて効率の良い運動」について解説していきます。

急な激しい運動は、痩せるどころか危険をまねく

人によっては、少し歩いただけでも大量の汗をかいてしまう人がいます。このように、運動に不慣れな状態の人が、いきなりランニングなどの走る運動を始めるのは非常に危険です。なぜなら、足に負荷がかかり過ぎてひざを痛めてしまうことがあるからです。

さらに、人によっては心臓麻痺などの発作を起こすことがあります。そして、最悪の場合は死んでしまうこともあるのです。

また、ダイエットのために運動を始める人のなかには、ランニングなどの走る運動ではなく、「ストレッチ」などの体を引き伸ばす運動を取り入れる人もいます。この場合にも、注意すべき点があります。

運動習慣がない人の場合、全体的に体が硬くなっています。この状態で無理に体を曲げてストレッチを行った場合、靭帯を損傷してしまう可能性が高いです。

また、体重の重い人が新しく運動を始めると、運動時に筋肉に大きな負荷がかかります。それに加えて、運動不足で筋肉の量も少ないため、運動中に自身の体重を支えきることができません。その結果、ひざや靭帯などを痛めてしまいます。

このように、今まで運動習慣のなかった人が、急に激しい運動を行うのは大変危険です。そのため、ダイエットを始める場合、食事内容の改善から実践する方が良いです。

まずは、食生活を改めることで減量を行います。ある程度まで体重が減った後、運動しても体に強い負荷がかからない状態にまで痩せたときに、運動を行うことを検討するのです。

また、実際に運動を行う場合には、スポーツトレーナーやインストラクターなどの指導を受けるなど、運動の専門家にアドバイスをもらうのが望ましいです。それによって、プロの視点から現在の自分に最適な運動を行うことができます。さらに、普段の食生活なども正してもらうことが可能です。

しかし、実際にスポーツトレーナーなどのプロに指導してもらう場合、痩せるまでに多くのお金を必要とします。そのため、お金に余裕がある人でもない限り、プロの指導を受けるのは難しいです。そこで、自分1人で運動を始める場合の正しい方法について説明します。

プロの指導を受けずに自分1人で運動を始める場合、まずは軽い負荷の運動から少しずつ取り組むようにしましょう。そして、運動を続けていくうちに体の痛みなどを感じた場合、体を動かすときの負荷をさらに軽くします。これにより、運動によって怪我をするリスクを最小限に減らすことができます。

ダイエットは、誰かと競って行うようなものではありません。そして、自分に合ったペースで取り組まなければ、痩せるどころか体を壊してしまいます。そのため、ダイエットでは決して焦らずに続けていくことが大切です。

有酸素運動よりも、無酸素運動の方が効率よく痩せられる

ダイエットに運動を取り入れる場合、多くの人はウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」を行おうとします。しかし、有酸素運動よりも続けやすくて効率の良い運動があります。それは、筋力トレーニングなどの「無酸素運動」です。

ダイエットでの有酸素運動の目的は、「脂肪の燃焼」になります。しかし、有酸素運動の場合、運動を行っている間でなければ脂肪の燃焼が起こりません。

一方、無酸素運動は「筋肉を鍛えること」を目的として行うものです。筋肉が鍛えられて発達することで、筋肉はさらに多くのエネルギーを消費するようになります。さらに、筋肉は何もしなくてもエネルギーを消費してくれます。そのため、筋肉を発達させることで、勝手に消費されるエネルギーが増加し、痩せやすい体になれるわけです。

このように、ウォーキングなどの有酸素運動よりも筋力トレーニングなどの無酸素運動を行った方が、結果的に効率よく痩せることができます。

そのため、これからダイエットのために運動を始める場合には、無酸素運動を取り入れることを検討してみてください。そして、運動を始める場合には、最初はできるだけ軽い負荷で行い、怪我をしないように注意してください。