バイオジェニックスが腸内環境へ与える影響

nyusankin5

バイオジェニックスとは、東京大学の名誉教授である光岡知足氏が提唱している概念です。具体的には、「体全体に作用して免疫機能を高めたり、血糖値や血圧を安定させたりと、さまざまな効果を発揮する食品成分の総称」のことを指します。

こうしたバイオジェニックスは、今まで腸内環境を整える効果があると考えられてきた概念とは違う、新しい考え方です。

従来の概念は、「腸内環境を整えて腸の働きを良くすることで、その結果として体にさまざまな良い影響を与える」というものでした。それに対してバイオジェニックスの考え方は、「腸内環境を整える食品には腸内環境を良好にするだけでなく、それ自体が体のさまざまな機能に影響する」というものです。

このようなバイオジェニックスという新しい考え方を知ることで、さらにあなたの体を健康に近づけることができるようになります。

そこで今回は、「バイオジェニックスが腸内環境へ与える影響」について解説します。

バイオジェニックスとは

バイオジェニックスとは、「腸内だけでなく、体全体に直接的に働きかけることで、免疫機能を高めたり、血糖値を安定させたりする食品成分の総称」のことを指します。

従来の腸内環境を整える方法には、「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」と呼ばれるものが主でした。これらは、「腸内環境を整える善玉菌を多く含む食品を摂取したり、食物繊維が豊富な野菜を食べたりすることで、腸内環境を整え、それが体の健康に作用する」というものでした。

つまり、「プロバイオティクス、プレバイオティクス → 腸内環境 → 体の健康」という考え方です。

例えば、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。そのため、ヨーグルトが健康に良いということは、「ヨーグルト → 腸内環境を整える → 全身の健康」という従来の考え方によるものだといえます。

ただ、乳酸菌などの腸内環境を整えるといわれている食品が及ぼす影響は、こうした従来の考え方だけでは説明することができません。

そうした中で、考え出された新しい概念がバイオジェニックスになります。

バイオジェニックスは、従来の概念である「プロバイオティクス、プレバイオティクス → 腸内環境 → 体の健康」という一方向の考え方ではありません。そうではなく、「体の健康 ⇔ 腸内環境 ⇔ バイオジェニックス ⇔ 体の健康」というように、「腸内環境だけでなく直接体の健康にも影響を与えている」というものです。

こうしたバイオジェニックスという新しい概念を学ぶことで、腸内環境と健康に対して、さまざまな視点から考えることができるようになります。

バイオジェニックスと免疫

バイオジェニックスは、腸内環境だけでなく、体のさまざまな機能に影響する食品の成分のことをいいます。その代表例として「乳酸菌の菌体成分」がありあます。そして、そうしたバイオジェニックスが体に与える作用の1つに「免疫機能を高める」ということが挙げられます。

免疫機能とは、簡単に説明すると「病気から体を守るための反応」といえます。

例えば、ある有害物質が体内に侵入したとします。そうした際に、免疫機能が発揮されずにそのままの状態であれば、体内に入った有害物質は体に対してどんどん悪影響を与え続けます。そうなると、当然ながら体は病気になったり、弱ったりしてしまいます。

こうしたことを防ぐために、体には有害物質を取り除くような機能が備わっています。これが免疫機能です。

そして、腸には免疫機能の主役を担う「白血球」が、体全体の60パーセントも存在しています。つまり、腸は体の免疫機能に大きく影響しているといえます。

腸内に病原菌が侵入すると、まず腸の壁にある有害物質を認識する部分(レセプター)が反応して、病原菌を排除するような物質が作られます。バイオジェニックスである乳酸菌の菌体成分は、こうしたレセプターの働きを促進します、

つまり、乳酸菌の菌体成分が腸に作用することで、腸が病原菌を見つける能力が高まります。その結果、その後に作られる抗菌物質も多く作られるようになり、病原菌を除去する能力(免疫機能)が高まります。

このように、バイオジェニックスは、腸を刺激することで腸が担う免疫機能を高めます。

バイオジェニックスと乳酸菌生成物質

バイオジェニックスによる免疫機能の高まりは、ガンやアレルギーの予防にも関係していることがわかっています。

また、プレバイオティクスの考え方では、死んだ乳酸菌でも腸内環境を整えることが明らかになっています。そして、こうして腸内環境が良好になることは、結果的にバイオジェニックスとしての特性を発揮することになります。

腸内フローラが改善すると、既に述べたように腸内に存在する免疫機能が高まります。そのため、プレバイオティクスとしての役割として考えられていた食品でも、最終的にはバイオジェニックスのような、体全体を良くする働きを行うことがわかります。

そしてこうした腸内環境を整える役割は、バイオジェニックスとして分類される「乳酸菌生成物質」によっても行われます。

既に述べたように、乳酸菌などの菌体成分は、直接的に腸内の免疫細胞を刺激することで、バイオジェニックスの機能を発揮します。それに対して、そうした乳酸菌から生成される代謝産物は、腸内環境を整えることで、間接的に腸内の免疫機能を高めることになります。

このように、一言でバイオジェニックスといっても、直接体の免疫機能を高める作用もあれば、乳酸菌生成物質のように間接的に働くメカニズムもあります。

そのため、体の健康にとっては、乳酸菌などの菌体成分と同じくらい、乳酸菌生成物質も大切だということを知っておいてください。

ちなみに、こうした乳酸菌生成物質は、ヨーグルトや乳酸菌飲料では、腸内環境を整えるために必要とされる量を得ることができません。実際には、長期間発酵した乳酸菌生成物質を加熱処理して作ったサプリメントなどによって、腸内環境に好影響を与えるために十分な乳酸菌生成物質を摂ることができます。

ですので、乳酸菌生成物質によるバイオジェニックスの効果を得たい場合には、サプリメントで摂取することをお勧めします。

バイオジェニックスと生理活性物質

体の健康状態に影響を与える健康食品やサプリメントには、プロバイオティクスやプレバイオティクスの概念だけでは説明ができないような効果を発揮するものが多くあります。そして、こうした健康食品やサプリメントに含まれる成分(生理活性物質)のほとんどが、バイオジェニックスとして体の健康に作用していると考えられます。

例えば、良質な油の代表として知られている「DHA」や「EPA」といった成分の作用は、プロバイオティクスやプレバイオティクスの考え方だけでは説明できません。

その他にも、以下のような成分は、バイオジェニックスに分類することができると考えられます。

・生理活性ペプチド:ホルモンや神経伝達物質、サイトカインといわれる物質の総称であり、脳の働きを強くしたり、代謝を調整したりする役割を持つ物質です。

・植物フラボノイド:植物に含まれている、植物の色を作っている成分です。リンゴに含まれている「ケルセチン」や、緑茶に入っている「カテキン」などは、植物フラボノイドです。こうした成分には、細胞の老化を防いだりガンを予防したりする作用があります。

・DHA、EPA:主に青魚に多く含まれている油で、脳や神経細胞の材料となる成分です。こうしたことから、脳の活動を強めたり、神経の働きを良くしたりする作用があります。また、亜麻仁(あまに)油やエゴマ油、しそ油などの植物性食品にも、DHAやEPAは多く含まれています。

・レシチン:卵や大豆などに含まれる脂肪の一種です。細胞を構成する材料となったり、血液中に含まれているコレステロール値を下げたりする働きがあります。

・キチン、キトサン:カニやエビなどに含まれている食物繊維の一種です。腸内に蓄積された便を排泄したり、食べ物から脂肪を吸収し過ぎないようにしたりする作用があります。

・CPP(カゼインホスホペプチド):牛乳に多く入っているたんぱく質から生成される物質であり、カルシウムの吸収を高める働きがあります。

このように、健康食品やサプリメントに含まれている成分には、バイオジェニックス的な働きをしていると考えられるものが多く存在するのです。

今回述べたように、さまざまな健康に作用する成分には、従来のプロバイオティクスやプレバイオティクスという概念だけでは説明できないようなものが多くあります。そうした際に、バイオジェニックスという新しい考え方を用いることで、そうした解明されていない物質の働きを説明することができます。

特に、「腸の免疫促進作用」と「乳酸菌生成物質による作用」「生理活性物質」は、バイオジェニックスを理解するために重要なものです。

こうしたバイオジェニックスの概念を知ることで、今まで使っていた健康食品やサプリメントをより効果的に使用することができるようになります。ぜひ、あなたの健康に対する考え方の中に、バイオジェニックスの概念を加えてみてください。

そうすることで、今まで説明がつかなかったような食品成分の体への作用を理解することができるようになります。