乳酸菌と肌荒れの関係性:乳酸菌の効果

hadaare2

ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれていることで知られている乳酸菌は、さまざまな健康作用を持っていることが明らかになっています。そうした乳酸菌が持つ効果の1つに「肌荒れの予防・解消」があります。

肌荒れは、多くの人が悩まされている問題です。ただ多くの人は、市販薬(OTC)などで一時的な対処を行うのみで、根本的な原因解決を行えていません。そのため、薬の使用を止めると、すぐに症状が再発するケースがほとんどです。

多くの人における肌荒れの根本的な原因として、「腸内環境の悪化」が挙げられます。腸内の状態が悪くなることで便秘になり、腸内に溜まった便が肌荒れを引き起こす原因になります。

そして、そうした腸内環境の悪化を予防・解消するのが乳酸菌です。乳酸菌は、腸内環境を整え便秘を解消します。その結果、肌荒れを根本的に改善させることができます。

そこで今回は、「乳酸菌と肌荒れの関係性」について解説します。

乳酸菌と肌荒れの関係性

乳酸菌の健康効果の1つに「肌荒れの予防・改善」があります。このことは、多くの人が知っていることですが、「乳酸菌がどのように肌荒れと関係しているのか?」というメカニズムを理解している人は少ないです。

肌荒れと乳酸菌の関係性を理解するためには、腸内環境と肌荒れのつながりを知っておく必要があります。

肌荒れが起こる原因の1つに、体内における老廃物質の蓄積が挙げられます。体の中に不必要な物質が溜まってしまうと、それを肌から排泄しようとした結果、吹き出物などができてしまいます。

基本的には、体に不必要な老廃物の多くは便として排泄されます。ただ、便秘になって排便量が少なくなると、その分だけ老廃物質の排泄量も減ります。

その結果、便として排泄されなかった老廃物は、肌から出ることになります。

このように、便秘と肌荒れには密接な関係性があります。そして乳酸菌には、こうした便秘を解消して肌荒れを予防・解消する効果があります。

乳酸菌は、いわゆる「善玉菌」と呼ばれるものであり、腸内環境を整える機能を持っています。そして、腸内の状態が良好になると、腸の運動が自然と活発になり、排便運動が促されるようになります。

つまり、腸内に乳酸菌が増えると腸内環境が整い、結果的に便秘を予防・解消することにつながります。

乳酸菌は、このように腸内環境を良好にすることで排便を促し、体内における老廃物質を少なくします。そしてそのことが、結果的に肌荒れの予防・改善につながることになります。

肌荒れに悩む人は、こうした肌荒れと乳酸菌の関係性について理解しておいてください。

乳酸菌による肌バリアの機能

乳酸菌には、腸内環境を整えて排便を促し、体内における老廃物の蓄積を抑える効果があります。そうしたことが、最終的に肌荒れを予防・解消することにつながります。

また、乳酸菌が肌に与える影響はそれだけではありません。

肌荒れを引き起こす大きな原因の1つとして「ストレス」が関係していることは、一般的にも知られています。過剰なストレスは、ホルモンバランスの崩れを引き起こし、最終的に肌の新陳代謝を悪くします。

乳酸菌には、そうした肌の新陳代謝の低下を抑える作用があることが明らかになっています

乳酸菌は、「多糖類(たとうるい)」と呼ばれる成分を作り出します。ヨーグルトなどの粘り気は、乳酸菌が産出する多糖類によって作り出されています。

そして多糖類は、ストレスなどによって低下してしまう新陳代謝を正常に整える役割を持っています。そのため、乳酸菌を積極的に摂ることで、ストレスによって起こる代謝の乱れを抑え、肌荒れを予防・解消することができます。

このように、乳酸菌は腸内環境を整えるだけでなく、肌の新陳代謝を整えることで肌荒れを予防・解消する作用を持っていることを知っておいてください。

今回述べたように、乳酸菌は「体内の毒素排泄を促す」「肌の新陳代謝を整える」という2つの機能によって肌荒れを予防・解消することを助けます。長年肌荒れに悩まされている人は、こうした効果を期待して乳酸菌を積極的に摂取すると、肌荒れが改善する可能性があります。

また当然、肌荒れがなくても乳酸菌を意識して摂ることで、肌荒れを予防することもできます。