日和見細菌の種類と体に与える影響:バクテロイデス

hiyorimi

腸内環境が体の健康に大きな影響を与えることは、多くの人が知っています。腸の状態が悪くなると、便秘や下痢を起こしやすくなるだけでなく、肌荒れやアトピーなど、さまざまな病気にかかりやすくなります。

そして、腸内環境を作っているのが、腸内細菌と呼ばれる「腸に生息する細菌」です。腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌の2種類が存在し、これらのバランスによって腸内の環境が決まります。当然、善玉菌が多い状態であれば、腸内環境は良好だといえます。

ただ腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌だけではなく、「日和見細菌(ひよりみさいきん)」と呼ばれるものもいます。実は、こうした日和見細菌が腸内環境に最も大きな影響を与えています。

そのため、腸内環境のことを考える際には、日和見細菌について深く学ぶことが重要になります。

そこで今回は、「日和見細菌の種類と体に与える影響」について解説します。

日和見細菌の種類

腸内には、善玉菌と悪玉菌、日和見細菌という3つの細菌が生息しています。そして、これらの細菌がバランス良く存在すると、腸内環境は良好であり、腸の働きも活発になります。

特に、腸にとって良い働きをする善玉菌が、悪玉菌より優位に存在することで、腸内環境は良好になります。逆に、悪玉菌の数が増えてしまうと、腸内環境は悪化してしまい、腸の働きが悪くなります。その結果、便秘や下痢など、さまざまな症状が引き起こされます。

このように、腸内環境は基本的に善玉菌と悪玉菌の割合によって決められています。ただ腸内には、善玉菌と悪玉菌だけではなく、日和見細菌も存在しています。

そこで、以下に日和見細菌の種類と特徴について記します。

バクテロイデス

日和見細菌の代表とされる菌であり、通常は腸に対して害を与えません。ただ腸内環境が乱れると、悪玉菌と同じ働きをするようになり、有害物質を生成します。

ユウバクテリウム

子どもにはあまり存在しない腸内細菌であり、成長するにつれて増殖をします。大人の腸内で多く存在しており、バクテロイデスと同じ働きをします。

嫌気性連鎖球菌

人や動物の腸や口腔に多く生息する菌です。基本的には無害ですが、「化膿性連鎖球菌」と呼ばれる嫌気性連鎖球菌のように、体に対して悪影響を与える病原菌として作用するものも存在します。

日和見細菌が体に与える影響

腸内環境は、善玉菌と悪玉菌のバランスによって決められます。善玉菌の数が多くなると、腸内環境は良好になり、逆に悪玉菌が増えると腸内環境は悪化します。

しかし実際には、腸内に最も多く存在する腸内細菌は善玉菌や悪玉菌ではなく、日和見細菌です

健康な腸内における善玉菌と悪玉菌、日和見細菌の割合は、「善玉菌:悪玉菌:日和見細菌 = 2:1:7」とされています。このように腸内には、善玉菌や悪玉菌よりも、日和見細菌の方が圧倒的に多く生息しています。

そして、こうした腸内に多く生息する日和見細菌は、体にとってもさまざまな影響を与えます。

まず日和見細菌は、善玉菌と悪玉菌のうち、優勢な方の味方をして同じ働きをするようになります。つまり、腸内に善玉菌が少しでも多く存在すると、日和見細菌も善玉菌と同じ役割を果たすようになり、逆に悪玉菌が優位になると、悪玉菌と同じ作用をするようになります。

当然、腸内細菌の70パーセントを占める日和見細菌がどちらかの味方をすると、腸内環境は一気に変化します。

そのため腸内環境は、善玉菌と悪玉菌のバランスがわずかに変化することで大きく変わるといえます。そして、そのことに深く関係しているのが日和見細菌です

また日和見細菌は、基本的には無害な菌です。ただ、ストレスや病気、老化などによって体が弱ってしまっていると、日和見細菌が病原菌化してしまいます。その結果、日和見細菌が腸から他の臓器に感染して、感染症を引き起こす可能性があります。

こうした、日和見細菌が原因で起こる感染症を「日和見感染」といいます。

このように、一見すると体にとってあまり影響を与えていないように見える日和見細菌ですが、実際には「体の健康状態に大きく関係している」ということを知っておいてください。

今回述べたように、腸内環境は、善玉菌と悪玉菌のバランスによって作られます。ただ実際に腸内環境を大きく変化させるのは、日和見細菌です。日和見細菌は、善玉菌と悪玉菌のうち優勢になった方に味方をすることで、一気に腸内環境を変えます。

また、老化や病気などで体が弱ってしまっていると、通常では無害である日和見細菌が原因となって感染症を引き起こすこともあります。

このように、日和見細菌には、体にさまざまな影響を与える働きがあることを理解しておくことが大切です。