抗生物質は腸内細菌に影響して免疫機能を悪くする

kusuri5

抗生物質は、薬の中でも一般的によく処方されるものです。例えば、風邪などで病院を受診すると、ほとんどの場合に抗生物質が出されます。

しかし実際には、風邪に対して抗生物質は有効ではありません。風邪の原因はウイルスですが、抗生物質はウイルスを除去する力を持っていません。抗生物質が効果を発揮するのは細菌に対してであり、風邪という症状を生み出しているウイルスには効きません。

そして、抗生物質は風邪を治さないだけでなく、腸内細菌を弱くすることで、風邪を引きやすい体を作り出すことにつながります。

確かに、病気の治療に抗生物質が必要な人もいます。ただ、自分の健康を守るためにも、抗生物質には「腸内細菌を弱くすることで病気にかかりやすくする」という作用があることを理解しておくことが大切です。

そこで今回は、「抗生物質と腸内細菌の関係性」について解説します。

風邪に抗生物質が処方される理由

頭痛や発熱、咳といった風邪の症状で病院を受診すると、多くの場合、風邪薬に加えて抗生物質が処方されます。ほとんどの人は、抗生物質が風邪に効くと考えていますが、実際には抗生物質は風邪に対して効果を発揮することはありません。

抗生物質は、微生物が作り出す化学物質です。そうした抗生物質は、細菌の活動を妨げる働きを持っています。

そして、風邪の症状を引き起こす原因の多くは、細菌ではなくウイルスです。そのため、抗生物質は細菌によって起こる感染には有効ですが、ウイルス性の病気である風邪には効きません。

それでは、なぜ風邪で病院を受診すると抗生物質が処方されるのでしょうか。

風邪のときに抗生物質が処方されるのは、感染症の「予防」という目的のためです。既に述べたように、風邪の症状自体はウイルスが原因となって引き起こされます。そのため、風邪の発病は細菌の感染に関係していません。

ただ、風邪を引いているときは、ウイルスによって免疫機能が低下してしまっています。そのため、健康なときには感染しないような細菌でも感染を起こしてしまう危険性があります。

つまり、風邪によって弱った体に起こる可能性がある感染を予防するために、抗生物質が処方されます。

このように、風邪のときに出される抗生物質は、風邪を治すためのものではないことを知っておいてください。そして抗生物質は、「風邪で弱って細菌に感染しやすくなっている体から感染症を予防することが目的で処方されている」ということを理解しておくことが大切です。

抗生物質が腸内細菌に与える影響

風邪を引いたときに病院を受診すると、多くのケースで抗生物質が処方されます。ただこうした抗生物質は、風邪を治すためのものではなく、弱った体が感染症にかかることを防ぐ目的で出されます。

確かに、風邪を引いているときは、体の免疫機能が悪くなっているため、感染症にかかりやすくなります。そして抗生物質は、そうした感染症の発症を予防する役割があります。

その一方で、抗生物質には風邪を治りにくくする作用があることも明らかになっています。つまり、抗生物質を飲むことで、新たな感染症は予防することができますが、風邪が長引いてしまう可能性があります。

これは、抗生物質が腸内細菌を弱くするために起こることです。

腸内細菌は、体における免疫機能の約70パーセントを担っています。そのため、腸内細菌の働きが悪くなると、体の免疫機能も大幅に下がってしまいます。

既に述べたように、抗生物質は細菌の活動を抑える作用があります。これは、腸内細菌に対しても同様であり、抗生物質が体内に入ると、腸内細菌の働きを悪くしてしまい、結果的に免疫機能を下げてしまいます。

さらに抗生物質は、飲み続けると体が慣れてしまい、本当に必要なときに効果を発揮しにくくなります。

例えば、中耳炎の原因となる菌が抗生物質に慣れてしまうと、中耳炎に抗生物質が効かなくなるため、なかなか治らなくなります。

このように、抗生物質は、人間にとって必要不可欠なものです。その一方で、抗生物質は腸内細菌に悪影響を与えて、体の免疫機能を低下させる働きがあることも知っておいてください。

今回述べたように、風邪の原因であるウイルスに対して、抗生物質は有効ではありません。風邪のときに抗生物質が処方されるのは、弱った体に対する細菌の感染を予防するためです。

また抗生物質は、腸内細菌に対して悪影響を与えることで、免疫機能を下げる作用があります。その結果、風邪が治りにくくなる可能性もあるのです。