腸内の乳酸菌を増やして腸内環境を整えるコツ・ポイント

nyusankin4

腸内環境が体の健康にとって重要なことは、多くの人が認識していることです。腸内環境を良好に保っておくことで、がんを予防したり、痩せやすい体質を作ったりすることができます。

そして、腸内環境を整えるためには、腸内に生息する「善玉菌」を増やすことが重要になります。腸内環境は、善玉菌と悪玉菌のバランスによって作られており、善玉菌が優位であることが、腸内環境にとっては好ましい状態になります。

そうした善玉菌の代表として、「乳酸菌」は一般的にも知られているものです。乳酸菌は、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品に多く含まれています。そのため、これらの食品は「健康に良い」と認識されています。

しかし実際には、乳酸菌を多く含む食品をただ単に摂取しても、腸内環境を効率的に整えることはできません。腸内環境を良好にするためには、正しい乳酸菌の増やし方を知っておく必要があります。そうした方法を用いることで、より効果的に腸内の善玉菌を増やすことができるようになります。

そこで今回は、「腸内の乳酸菌を増やして腸内環境を整えるコツ・ポイント」について解説します。

乳酸菌を多く含む食品の問題点

腸内環境を整えるためには、腸内に善玉菌である乳酸菌を増やすことが大切です。善玉菌が優位の状態になると、自然と腸内環境は良好になります。

そして多くの人は、腸内に乳酸菌を増やすために、ヨーグルトやキムチなどの乳酸菌を多く含む食品を食べます。確かに、このように乳酸菌が豊富な物を摂取することで、腸内環境は整いやすくなります。

しかし、食品から乳酸菌を摂取する方法には、2つの問題点があります。それは、「食品に含まれる乳酸菌が自分に合うかわからない」「乳酸菌以外の余分なものを摂取しがち」ということです。

ヨーグルトやキムチなどには、確かに乳酸菌が多く含まれています。ただ、それがあなたの腸内に生息する乳酸菌に合っているかはわかりません。

一言で乳酸菌といっても、乳酸菌にはたくさんの種類があります。そのため、もし食べた食品に含まれる乳酸菌があなたの体内にいる乳酸菌と違う性質のものであれば、腸内で善玉菌が増えることにはつながりません。

また乳酸菌を豊富に含む代表的な食品としては、ヨーグルトが挙げられます。そして、多くの人が乳酸菌を増やす目的でヨーグルトを食べています。

ただ、ヨーグルトには乳酸菌以外にも、脂肪や糖が多く含まれている商品がたくさんあります。そうした脂肪や糖は、摂りすぎると腸内環境を悪化させることにつながります。そのため、ヨーグルトを摂取することで、逆に腸内環境を悪くする可能性があります。

このように、乳酸菌を多く含む食品には、確かに腸内環境を整える作用があります。しかし、食品から乳酸菌を摂取する際には、こうした問題点があることを知っておいてください。

自分の乳酸菌を増やす方法

乳酸菌を増やすために、乳酸菌を豊富に含む食品を摂ることには、「食品に含まれる乳酸菌が自分に合うかわからない」「乳酸菌以外の余分なものを摂取しがち」という2つの問題点があります。

確かに、ヨーグルトやキムチといった乳酸菌を多く含む食品を取ることは、腸内環境を整えることにつながります。ただ、こうした食品から乳酸菌を摂取することで生じる問題点を解消して、さらに効率的に腸内の乳酸菌を増やす方法があります。

それは、「乳酸菌生成エキス(バイオジェニックス)」を摂取することです。

乳酸菌生成エキスとは、16種類の乳酸菌を発酵・熟成させて、その乳酸菌からの分泌物と菌体成分を合わせてエキス化したものです。

こうした乳酸菌エキスは、もともとあなたの腸内に生息する乳酸菌を増殖させることで、腸内環境を整えます。また、ヨーグルトに含まれているような、脂肪や糖といった不要なものは含まれていません。

そのため、乳酸菌生成エキスを摂ることで、より効率的に腸内環境を整えることができるようになります。

このように、腸内の善玉菌を効率的に増やすためには、あなたの腸内に生息する乳酸菌を増殖させる乳酸菌生成エキスが有効だといえます。

今回述べたように、善玉菌である乳酸菌を多く含む食品を摂取することは、腸内環境を整えることにつながります。ただ、こうした乳酸菌の摂取方法には、「食品に含まれる乳酸菌が自分に合うかわからない」「乳酸菌以外の余分なものを摂取しがち」という2つの問題点があります。

こうした問題を解消して、より効率的に腸内の乳酸菌を増やす方法として、「乳酸菌生成エキスを摂取する」という手段があることを知っておいてください。