乳酸菌(善玉菌)を増やす食事法に対する誤った解釈

tyonaisaikin

腸内環境を整えることが、さまざまな病気を予防することは多くの人に知られています。そして、腸内環境を良好にするためには、普段摂る食事が重要なことも、一般的に認識されていることです。

そうしたことから、さまざまなメディアで「腸内環境を整える食事法」が紹介されています。

そしてそのような情報の中には、確かに腸内環境を整えるために必要な食事法も紹介されています。ただ中には、誤った方法が伝えられていることもあります。

特に、「ヨーグルトは腸内環境を整える」「善玉菌は生きたまま腸に届かせることが大切」「死んだ善玉菌は腸内環境を整える効果がない」という情報は、よく聞くものであり、解釈するときに注意しなければいけないことです。

これらの情報を正しく読み取ることで、より効果的に腸内環境を整えることができるようになります。

そこで今回は、「乳酸菌(善玉菌)を増やす食事法に対する誤った解釈」について解説します。

ヨーグルトは腸内環境を整える

腸内環境を整える食品として代表的なものの1つとして、「ヨーグルト」は有名です。ほとんどの人は、「ヨーグルトは腸内環境を整える」と考えているはずです。確かに、ヨーグルトには善玉菌が多く含まれており、腸内環境を良好にする効果があります。

しかし、全ての腸に全種類のヨーグルトが良い影響を与えるのかというと、そうではありません。実は、一言でヨーグルトといっても、人それぞれ合うものとそうでないものがあります。

それは、ヨーグルトに含まれている善玉菌の種類が異なるためです。善玉菌には、「ビフィズス菌」や「ブルガリヤ菌」「カゼイ菌」など、さまざまな菌がいます。そして、ヨーグルトに含まれている善玉菌は、商品によってそれぞれ違います。

腸内環境が悪くなる原因の1つに、「悪玉菌によって腸内で有害物質が増える」ということがあります。具体的には、発生した有害物質が腸に付着して、腸に対して悪影響を与えます。

そして腸の表面には、そうした有害物質だけでなく善玉菌もくっつくことができます。そのため、腸の表面に有害物質が付着する前に善玉菌がつくことで、有害物質は腸に付くことができなくなります。その結果、腸内で有害物質が悪さをすることがなくなります。

善玉菌は、こうしたメカニズムによって腸内環境を整えます。

ただ、どの種類の善玉菌が腸内へ付着しやすいかは、人によって異なります。そのため、いくら善玉菌をたくさん摂取しても、その人に合わない善玉菌であれば、腸内環境を整えることにはなりません。

既に述べたように、ヨーグルトに含まれている善玉菌の種類は、商品によって違います。つまり、一言でヨーグルトといっても、人によって腸内環境を整える役割をもつものと、そうでないものがあるといえます。

例えば、「Aさんには○○というヨーグルトに含まれる善玉菌が合っていても、Bさんの腸には同じ○○という商品に入っている菌が合わない」ということもあります。

ちなみに、こうした「善玉菌の合う合わない」という個人差は、血液型と生活環境によって作られます。

こうしたことから、単純に「ヨーグルトは腸内環境を整えるとはいえない」ということがわかります。そして、血液型や生活環境によって決まる「適した善玉菌」は、実際に食べてみて体の反応を見てみないとわかりません。

具体的には、2週間同じヨーグルトを食べてみて、体調や便の変化を確認するようにしてください。

体調や便通が良くなれば、そのヨーグルトに含まれている善玉菌は、あなたに合っているといえます。もしそうした好ましい変化が現れなかった場合には、いくらテレビや雑誌で話題になった商品であっても、「あなたの腸には合わない善玉菌が含まれている」と考えてください。

このように、一言でヨーグルトといっても、その人によって合う商品とそうでないものがあります。そのため、あなたの腸内環境を整えるヨーグルトを見つけるためには、トライアンドエラーを繰り返して検証していく必要があります。

善玉菌は生きたまま腸に届いたほうが良い

腸内環境を整えるためには、腸内で善玉菌を増やすことが大切だということは、多くの人が知っていることです。さらに、「死んだ善玉菌は腸内環境を整える効果がないため、生きた善玉菌を摂らなければいけない」ということが、多くのメディアでいわれています。

確かに、腸内で善玉菌が良い働きをするためには、「死んだ菌では意味がないのでは?」と考えがちです。

しかし実際には、善玉菌が腸内に届いたときの生死の状態によって、腸内環境に与える影響が変わることはほとんどありません。そもそも、善玉菌の90パーセント以上は、食べた後に胃酸によって死んでしまいます。

つまり、いくら生きた善玉菌を食べても、実際に「生きたまま腸内に届くのは10パーセントに満たない」ということになります。

ただ、サプリメントの中には、胃酸に溶けないようなカプセルに包まれており、全ての善玉菌を生きたまま腸内へ届けるような工夫をされている商品もあります。こうしたサプリメントであれば、善玉菌は生きたまま腸へ送られます。

しかし、そうして腸内へ届いた生きた善玉菌も、そのほとんどが腸内に生息することなく、便として排泄されます。

これは、腸内に備わっている「免疫機能」という働きが関係しています。

腸内には、もともと棲息している菌がたくさんいます。そうした腸内に、生きた新しい善玉菌が急に入ると、腸はその善玉菌を異物として捉えて追い出してしまいます。つまり、よそ者である食品から摂取した善玉菌は、簡単に生きたまま棲みつくことはできません。

このような話をすると、「それでは善玉菌を多く含む食品は腸内環境を整えないのか?」と思う人がほとんどだと思います。

しかし実際には、腸内に届いた善玉菌は、生死に関係なく腸内へ良い影響を与えることがわかっています。

死んだ善玉菌が腸へ与える影響

善玉菌は、たとえ生きた状態で摂取しても、そのほとんどは胃酸で死んでしまうため、生きて腸へ届くのはわずかです。また、生きた状態で腸内へ届いても、その多くは免疫機能の働きによって排泄されます。

ただ善玉菌には、こうした死んだ状態であっても、腸内に滞在するわずかな時間の間に腸内環境を整える作用を持っていることが明らかになっています。

善玉菌は、生きた状態であっても死んだ状態であっても、腸内でさまざまな物質を作り出します。具体的には、「乳酸」や「酪酸」「プロピオン酸」と呼ばれるような分泌物や、善玉菌の体を構成している「菌体成分」と呼ばれるものです。

そして、こうした善玉菌から作られるさまざまな物質に、腸内環境を改善する作用があることがわかっています。

こうしたことから、食事から摂取して腸内に届く善玉菌は、生きていようが死んでいようが関係なく腸内環境を整えるといえます。

今回述べたように、一言で善玉菌が腸内環境を整えるといっても、実際に善玉菌が腸内へ与える作用は複雑です。

そのため、メディアでよく取り上げられているような「ヨーグルトは腸内環境を整える」「善玉菌は生きたまま腸内に届かなければ効果がない」といった情報についても、すぐに納得するのではなく、しっかり情報を吟味した上で判断することが大切です。

既に述べたように、ヨーグルトは人に合う商品とそうでない商品があり、あなたに合うヨーグルトを見つけるためには、実際に試して体の反応を見る以外に方法はありません。

また、善玉菌の生死に関しても、生きていても死んでいても腸内に良い影響を与えることが明らかになっています。さらに、生きた善玉菌のまま腸内に届くことは稀である上に、もし生きたまま腸内に達しても、そのほとんどが排泄されることがわかっています。

腸内環境に限ったことではありませんが、健康に関する情報は、しっかりと吟味した上で判断することが大切です。そうすることで、あなたに合った情報だけを上手く日常生活で活用することができるようになります。