腸内細菌(善玉菌)を増やす食事法

tyounai

体の健康にとって、腸内環境を整えることが重要なことは多くの人が知っています。腸が正常に活動することで、体内に必要な栄養素を吸収したり、逆に不必要なものを排泄したりすることができます。

腸がこうした働きを正常に行うためには、腸内環境が整っている必要があります。腸内環境が悪い状態だと、栄養の吸収や有害物質の排泄はスムーズに行われなくなります。その結果、便秘や肌荒れ、アレルギーなど、さまざまな病気を発症しやすくなります。

そして、腸内環境を作っているのが腸内細菌です。腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌、日和見細菌(ひよりみさいきん)の3つに分類されています。これら3つがバランスよく生息することで、腸の働きは正常に行われるようになります。

そのため、腸内環境を良好にして腸の活動を活発にするためには、腸内細菌のバランスを整えることが欠かせません。特に、善玉菌の数を増やすことは、腸内環境を良くするためには必要不可欠なことです。

そこで今回は、「腸内細菌(善玉菌)を増やす食事法」について解説します。

善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)を取り入れる

体の健康を維持するためには、腸内環境を整えることが重要です。腸内環境が良好であると、腸は正常に活動するようになるため、体に必要な栄養素を吸収したり、逆に不必要な有害物質を排泄したりすることができます。

実際に、腸の働きが悪くなると、便秘や肌荒れ、アレルギーなど、さまざまな病気にかかりやすくなります。

そして、腸内環境を整えるポイントの1つに、「腸内に生息する善玉菌の数を増やす」ということが挙げられます。

腸内環境は、体に良い働きをする「善玉菌」と、逆に腸の活動を妨げる「悪玉菌」、善玉菌と悪玉菌のどちらの役割も果たすことができる「日和見細菌(ひよりみさいきん)」の3つのバランスによって作られています。

当然ながら、善玉菌の数が多い方が腸内環境は良好であり、腸の活動も活発になります。そのため、腸内環境を整えるためには、腸内の善玉菌を多くすることが大切です。

そこで、腸内に善玉菌を増やす方法の1つが、「善玉菌を直接取り入れる」というものです。

ヨーグルトなどには、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」といった善玉菌が多く含まれています。こうした、善玉菌が豊富に含まれている食品や健康食品などを摂取することで、結果的に腸内の善玉菌を増やすことができます。

また、食べ物から取り入れることに対して、「善玉菌は胃酸に弱いため、腸内に届く頃には死んでしまっている」という否定的な意見がいわれています。しかし実際には、もし胃酸で死んでしまっても、そうした死んだ乳酸菌やビフィズス菌は腸内に生息する善玉菌の餌となります。その結果、腸内の善玉菌を増やすことにつながります。

このように、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を多く含む食品を食べることは、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることにつながります。

善玉菌の好物を取り入れる

腸内の善玉菌を増やす方法として、ビフィズス菌や乳酸菌が豊富に入っている食品を摂ることは有効です。また、腸内に生息する「善玉菌の餌」となる食べ物を食べることも、腸内環境を整えることにつながります。

こうした試みは「プレバイオティクス」と呼ばれています。具体的には、善玉菌の餌となる「オリゴ糖」や「糖アルコール」「水溶性食物繊維」などを積極的に食べることで、結果的に腸内の善玉菌を増やす方法です。

オリゴ糖や糖アルコール、水溶性食物繊維を摂取することで、それらが腸内に生息する善玉菌の餌となります。当然、栄養となる餌が腸内へたくさん入ってくるようになると、善玉菌はどんどん栄養を摂ることができます。その結果、善玉菌が増殖して、腸内に善玉菌が多く存在するようになります。

特にオリゴ糖は、これらの中でも腸内まで到達しやすい性質を持っていることが明らかになっています。ただ、オリゴ糖は摂取しなくなると1週間で腸内の状態が元に戻ってしまいます。そのため、オリゴ糖を食べて善玉菌を増やす場合には、食べ続けることが大切です。

このように、善玉菌の餌となるオリゴ糖と糖アルコール、水溶性食物繊維を摂取することで、腸内の善玉菌を増やすことができます。

今回述べたように、腸内環境を整えることは、体の健康を維持する上で欠かせません。そして、腸内環境を良好にするためには、腸内に生息する善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌を増やす方法には、主に「善玉菌を多く含む食品を食べる」ことと「善玉菌の餌となる食品を摂取する」ことの2つが挙げられます。これらを実践することで腸内環境は整い、健康な体を維持し続けることができるようになります。