薬から学ぶ健康

薬は病気を治せるのか

li 「薬は病気を治さない」ことを知る

li 風邪薬は風邪を治さないため、家で休むのが最も効果的

li 風邪に抗菌薬など、むやみに抗生物質を使用すべきでない

li 生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症など)に薬は必要ない

薬の注意点

li 吐き気止め、下痢止めの薬は症状を悪化させる

li 鎮痛薬の副作用と胃腸障害(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)

li 高齢者が服用を中止すべき薬

li 抗生物質を使いすぎると、薬が効かなくなる

薬の基礎知識を学ぶ

li 薬の飲み合わせ問題と子供への解熱鎮痛剤の服用

li 老化・加齢で薬の効果が強まり、副作用リスクが高まる理由

li 人によって薬の効果が異なる理由:個人差、人種差

li 新薬は安全とはいえず、むしろ副作用を予測しづらい

薬の役割

li 一般用医薬品のリスクとインターネット販売

li お薬手帳の役割、意義、活用方法

li 薬の価値と薬剤師による対面販売のメリット

li 一般用医薬品や健康食品によるセルフメディケーションの実施

li 病気でないときでも薬剤師に相談するには